ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

大潮?台風?武庫川チニング、トップで連発!

投稿日:

お盆休みなのでチニングに毎日通ってるわけだがトップで釣れそうな潮回りだったので今回は昼マズメのトップチニングに行ってみた。

前日に釣れたチビレ

前日に釣れたチビレ

いきなり出まくるトップチニング

朝、9時過ぎに釣り開始。前日の夜、局地的に雨が降り、この日は曇りということもあり割と涼しい。

潮がだいぶ下がっている時間帯だがチヌトップで真っ昼間に釣れる状況としては出来るだけ潮位が低いほうがいい。完全に底が見えてしまうと辛いが見えるか見えないかぐらいの潮が非常に望ましいのでこのタイミングでしかチニングトップをしない。私は。

川の真ん中の方にある馬の背状になった場所を超えたところで何かが追われてるのが見える。基本的にチヌがボイルしまくるっていうタイミングをあまり見たことがないのだが今回はチヌがボイルしまくってた…。

これは釣れるやろって思うのだが流石に真ん中までルアーを飛ばすことは出来ない。しょうがなく、馬の背辺りにもいると仮定してサミー85を通すと初っ端から出る。思い切り出たがこれは乗らず。

普通にどこでも釣れそうな感じだなと思いつつ同じところを通したらいきなり出て、追い食いしてきてヒット。

遠目でヒットしたのでかなり引きを味わいつつ慎重にやり取りして動かなくなってからネットへ。後ろフック1本だったのでかなり危なかったが初っ端からゲットできてラッキー。

この状況ならサミーじゃなくても何のルアーでも釣れそうって思ったので色を塗り替えてからまだ使ってなかったS8ポッパーに変えて投げる。飛距離的に微妙か?と思ったが普通に出るし、かなり手前でボイルしてそこを通した瞬間ヒットした。

これも後ろフック1本という危ない感じだったがなんとかゲット。

イージーゲームにも程がある!ってぐらい簡単に2本ゲットして釣ったことのないルアーで釣ろうと100円均一のダイソーで買ったポッパーを使ってみる。
重量が軽くて飛距離に問題がありそうだったが頑張ればS8ポッパー並には飛ぶ事がわかった。

だが、結構色々なところを通すもダイソーのポッパーの水しぶきは好きではないのか特に反応がない。

色がオレンジというのが今日の魚には合わないのか?と白っぽいメガバスドッグXに変更。これもまだ使ったことがなくて実績未知数のルアーであるが飛距離は十分で動きもスルスルとなめらかな生き物っぽい動き。これは食ってくるだろって思ったが何の反応もない。

しばらくやっているとボイルも消え、時合が終わってしまった感じになる…。2匹で終わっちゃったか…。

チヌは多いがバイトは少ない…

場所を変えてみることにして水面を覗くと無数のチヌがウロウロしている。ベイトも多いので釣れるやろと実績抜群のメガバス・ポップXを投げまくる。

想像に反して全然出ない。むちゃくちゃな量のチヌがうろついているのに全然出ない。これはベイトが多すぎてルアーがダメなパターンか?

かなりの距離歩いて出る魚を拾う作戦にしたのだが2回しか出なかった。目を離してたときに出たので思い切りミスったのとヒットするような出方じゃなかったので全然だめ…。
なんかタイミングが悪かったかもしれない。

最後に追加しそこねる

しょうがないので最初に釣れたところへ戻って軽くやって帰ろうと戻るが潮位が低くなりすぎて馬の背が完全に水面に出て中洲になっている。その際あたりにルアーを投げるが流れもなくなっているので釣れる気配がない。

適当にポコポコやってると重みが!めちゃくちゃ地味な出方で吸い込むバイトがあったようで見てなかったというのもあり普通にすぐバレちゃった…。

悔しすぎるので同じところに投げたらまた吸い込みバイトで食ってきて乗るもこれも即バレ。かかりどころがいまいちなのと下手くそな合わせなのが原因だろう…。

もう一回出て合わせて乗りかけるも、これも乗り切らずバラシ。

その後は一切でなくなったので終了とした。

大潮パワーと台風パワーと濁りパワーの複合パワーで最高に良い日だったと思うが2本で終わってしまったのは腕の無さが悔やまれる・・・。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.