ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

トップで連発!チニングが熱い!

投稿日:

最近いろいろとバタバタしていて全然釣りに行けてなかったのですが、近所の武庫川でチヌトップが熱いようなので台風が過ぎたのを見計らって夕方ちょっと釣りに行ってみたレポートです。

いきなり特大水柱!

もういきなりステーキみたいな感じですけど、着いて前いい感じだったポイントに様子見でペンシルを投げてドッグウォークさせていたらいきなりですよ。

なんかモワってルアーのところでなったのでボラなのかチヌなのか?って感じでしたけど追尾してきていきなり水柱。チヌの水柱とは思えないシーバスが豪快に食ってきたぐらいの勢いで水柱が立ち、ヒット!

初っ端からいい感じのサイズで超楽しめる。
初っ端からいい感じのサイズ
ヒットルアーは中学生の頃買って出番が失われ、タックルボックスの肥やしになっていたティファ・ジオラッシュの色を100均のマーカーで塗り替えて見やすくしたやつ。色々見ててもオレンジのルアーがよく釣れてそうなのでそれに合わせた感じ。ローライトでも見えやすくて使いやすさ抜群。

このあと、ちょっと静かになったので、ルアーをポッパーに変えてみる。これまた買ってみたもののタックルの肥やしになっていたポップマックス。チヌって口小さいくせにザラスプークとかそこそこのボリューム感のあるルアーでよく釣れる魚なのであえてポップXではなくポップマックスにしてみたわけだ。

このルアー、飛距離が抜群でちょっと遠いところまで狙えるなと思っていたらまた思い切り水柱!一回目で乗らずに2回目で乗った!チヌは連続で襲いかかってくる魚らしい。
トップでチヌ画像
これもいい魚だったがかかりどころが悪くて血だらけになったのですぐリリース。サイズ的には40センチを超えていたと思う。

その後、ちょっとスレたみたいで他のルアーでも食ってはくるが豪快な水柱が出るほどの食い方ではなく、軽くついばむような出方しかしない。レッドペッパーでは後少しって出方まで行ったがこのポイントは無理だと見切る。

護岸沿いにチヌはいる

少し下流に行って護岸沿いをチャリで走りながら水面を見ていると護岸にチヌが結構いるのに気づく。

その見えてるチヌに向かってペンシルを投げると猛烈に興味をもってすごい追尾してくる!ただ、こっちが見えているからかガッツリ食おうとまではせず突くぐらいで終わり。

なんかトップに対する興味がものすごい感じだ。

何を食ってるのかと水面をよく見ると、イナッコが5〜8センチぐらいのサイズで丁度いい感じのベイトサイズになっているようだった。そんなイナッコが水面を泳ぎ回っているのでチヌもそれを食っているのかもしれない。
あと、護岸にたくさんチヌがいた理由は壁にテナガエビがへばりつきまくってるからだった。このエビを基本食い漁りつつ、イナッコが近づいてきたらそれも食うみたいな感じなのだろう。

そんな護岸のチヌを狙いながら沖へもルアーを投げて出ないかなと探る。
たまにルアーのところでモワッとなるのはチヌなのか?ボラなのか?ボラの量も半端なくてややこしい。

更に下流まで下り、護岸沿いを攻めていたら足元で水柱!まさかこんなに近くでは出ないだろうと思ってたところで出たので相当ビビる。
ポップXで水柱を上げたチヌ
サイズ的にはちょい小さくて30センチ台だと思うが想像以上に水柱はでかいw

ルアーはちょっと弱気になってポップXに変更していたのだが最初から付いていたフックはぐにゃぐにゃになっている…チヌは小さくても顎の力が強力だから気をつけたい…。

その後、色々回ったけどだんだん暗くなってきてトップって感じでもなくなってきたので終了。
あのチヌの量だったら暗くなってボトムやっても楽しめたとは思う。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.