元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

管理釣りトラウト 釣行記

雪の北田原マス釣り場、極寒の釣りでニジマスゲット!

投稿日:

どうも!釣活くんです。

今年の冬はここ数年で一番寒いですね…。毎朝通勤時に顔面が痛いレベルの寒さです…。大阪のど真ん中で路面ツルッツルのカッチカチレベルですからね。

寒い時はマスや!ってことでニジマスを釣りに北田原のマス釣り場へ行ってみたのでレポートします。

スポンサーリンク

朝の気温はマイナス5度!時折吹雪の極寒地獄!

今回はTwitterのフォロワーさんに誘われて行ったのだがその人は朝7時の開始時間から釣りをしていたらしくその時の気温はなんとマイナス5度www

ガイドが凍るのは当たり前でスプールごと凍って釣りできない状態に陥ったらしい!そんな経験中々無いので逆にちょっとうらやましかったのだが私は昼から行ったので寒いとは言えガチ防寒モードだとまだいける寒さ。

基本晴れていたものの時々風が強く釣りがしづらい状況で時々雪が舞って吹雪になる。水は2日前の雨の影響でかなり濁りがきつい。状況としてはそれほど釣れそうな状況ではない。特に辛いのは朝のマイナス5度という冷え込み。こうなってくるとマスが非常にショートバイトになって中々ガッツリ食ってこなくなる。

多分ダメだろうなと思ったのだが場所によっては釣れる状況。水温が下がったことで魚が一箇所に溜まってる感じのようだ。

とりあえずここでの実績ルアーであるザンムやらベビークランクを投げるが反応は無い。スプーンにしてもほぼ皆無で1時間経過…。とにかくどうにもならん感じがする。

フライでもそれほど釣れてる感じがしないし、まれにみる最悪な日に来てしまった感じがすごいもののフォロワーさんは魚の溜まってる場所がわかったらしくかなりの勢いで釣る。休日ということもあり人がぎっしり過ぎてそこへ行けないのが辛い…。
北田原画像
濁りがきつくて魚があまり回遊している感じがしないが回遊してくると信じてやるしかないのでひたすらルアーを投げ続けるとやっとヒット!!!

そこそこいい引きでサイズもよく、なんかかっこいい形のニジマスゲット!!
ニジマス画像
ここの魚は意外といい魚が多いので面白い。

坊主がなくなってだいぶ安心したがこの後も相変わらず厳しい状況が続く。1時間に一度程度魚がまわってくるタイミングがあるようでそのタイミングで釣れたり、アタリを感じることが出来るが本当にきつい。アタリもショートバイトすぎるので乗りそうもないアタリ…。

こんな吹雪の中、修行のような釣りを続け目標を5匹として頑張るがマジで5匹行く気がしない…。

ベビーシャッドで2匹目をやっとの思いで釣り、その後しばらくして3匹目はベビーシャッドでネットイン直前でバラし、4匹目はベビークランクでゲット。
ベビーシャッド画像

ベビークランク画像

5匹目はフォロワーさんが釣れた魚を捌きに行っているすきにちょっと釣れまくってる場所へ入らせてもらいこの日の一番のサイズをヒット!

ちょっと行って欲しくない方向へ行きそうだったのを無理やり向きを変えさせようとしたらライン切れ…ぶっちゃけこのナイロンライン2年前から変えてなかったことで相当劣化している感があったんだよな…新品のラインなら多分なんとかなってただろうだけにかなり悔やまれるラインブレイクだった。この魚は白いスプーン。

そこからはもうずっと修行みたいな感じでたまにバイトはあっても本当にコツンって感じで乗らない。乗ってもすぐバレるとかでアタリも無くなり終了時間に…。
川画像
まあ自然だからこんなこともあるだろうけどそれにしても厳しい日だったように感じる。

フォロワーさんは初めての北田原なのに魚が溜まってるところを発見し、かなりいい釣りできていたようでよかったし、ぶっちゃけ私もやっと今年初フィッシュを釣ることが出来たのでオッケーかな。

次回はもう少し状況の良さそうな日に完璧なタックルででかいマスをガッツリ釣りたいぜ。

今回のヒットルアー

カラーはパールホワイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-管理釣りトラウト, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.