ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

管理釣りトラウト

強風の中の管理釣り場で乱獲w

投稿日:2009/02/01 更新日:

死ぬほど風強い予報だったが王禅寺は山に囲まれているので別に関係ないだろうと思っていってきた。

着くとやっぱり強風。

で、真正面から風が当たるエリアしか空いていない。

まぁ休日の王禅寺だからしょうがないな。

今回もワッキー氏と2人で行ったのだが最初はバラバラで入って後から合流することにした。

俺の大好きなポイントである流れ出しの近く。

ここは確実に魚の溜まるエリアであるが水深が深く素人には中々難しい場所ではある。

まずは強いアピールのルアーから投げる。

100きんのクランク改のピンク色。

ゆっくり巻くと当たる。

でもどうやらニジマスのボディーにコンタクトしているようである。それだけ魚影が濃いと言うことだ。

当たるが釣れる気配が無いのでとりあえずミノー。

でも風の強い状況ではミノーは無理と判断し、無難に重めのスプーンにしてみた。

それでもなんだか釣れそうに無い。

風が強く波立っていてラインが見づらくアタリが取れない。

これは厳しい・・・。

周りは割りと釣れている。

魚の活性は高いようだ。

見ると赤金系の強めのカラーを投げている人が良く釣れている様だ。

釣れている人のやってることを真似するのが管釣での基本中の基本。

でも俺は参考にするだけでそこから新たな道を探す。

で、

見つけたw

オレンジ金のクランク。ウォータープレーン!!

これはキワモノルアーのような形状で普通ならスルーしそうなルアーなのだが後輩がこれでかなり釣っているのを見てしまったので買ったのだった。

これが今回の正解ルアーでした。

ここからはもう終わりなき乱獲の時代w

ちょっとした小技で一定層を通すのが肝でこの層をキープさせることが出来ればひたすらヒットが続く。

5連続ヒットやらなんやらもありながら、コンスタントに2時間釣れ続く。

で、止まった・・・。

急に止まった・・・。

どうやらすれたのか、それとも魚の場所が変わったのか・・・。

ワッキーを見ると釣れている。しかも連続・・・。これはパターン??

スプーンだった。

普通過ぎる釣り。

そう、わからなくなったら基本に戻る。それが重要。

即効真似してナイスファイトのニジマスゲット!

ただ、それがスプーンで釣った最初で最後の魚になる。

スプーンにもそれほど釣れ続くと言うことは無かったので、パターンを求めてルアーチェンジ。

表層系ルアーを使って反応を探る。

すこぶる反応がいい。

ただ、乗らない。

と言うことは少ししたの層を狙えば乗る。

と言うことでまたウォータープレーンの登場。

ここからまた普通にコンスタントに最後まで釣れ続き、3時間で30匹ほどの魚をゲットすることになりました。

ただ、最終的にライントラブルで強制終了と言う残念な結果・・・。最後の1匹を気持ちよく釣って帰りたかったなぁ。

こんなに寒くてもこれだけ釣れれば全然不満無い!やっぱり冬は管釣りだw

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-管理釣りトラウト

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.