ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

タチウオ

神戸でエソ釣り

投稿日:

どうも!釣活くんです。

関西地方梅雨明けですね。夏と言えば甲子園!今年も熱戦を期待したいですね。

今回はタチウオが神戸でも釣れているらしいのでちょっと様子を見に行ってみたレポート。

蚊の猛攻

18時過ぎにポイント到着。時合は恐らく日が沈んでからになると思うので19時以降だろうと予想して取りあえずバイブレーションやスピンテールなどでシーバスなんかが釣れないか試してみる。

ベイトはかなり多くて港内では豆アジが爆釣モード。防波堤のところでもイワシの大群が行ったり来たりしていた。フィッシュイーターも結構いると思われたまにボイルしている。

これは釣れるのは時間の問題だろうと思いながら投げるが釣れない。

しばらくやってると蚊が寄ってきて腕をやられる。周りを見ると5匹ぐらい飛んでいる。虫除けスプレーを忘れてきたようでカバンに入っていない・・・。完全にミスった。

ちょいちょい場所を変えて蚊を避けながら釣りをする。蚊は風に弱いということで風がよく当たるところへ移動したら攻撃はピタッと無くなった。

アタリは特に無いのでボトムワインドでもするかとワインドに変更。

エソ連発

ボトムにはエソがいるらしく連発・・・。
エソイメージ
IMG_5550
ただ、私の場合エソは貴重なタンパク源なので実はありがたい食料。ぶっちゃけ小さいタチウオよりはエソのほうが普通に食いやすいし美味いと思っている。

取りあえず釣れた2匹のエソはキープということでしめて足元に置いておく。短時間の時合ですぐ帰るつもりだったのでクーラーボックスは車に置きっぱなし。これがまずかった。

ネコ多発地帯ということでちょっと暗くなるとほとんど気配がわからず知らない間に2匹とも消えていた・・・。

わかりやすいところに置いてたらダメだね・・・。

19時30分ぐらいから釣れそうな感じになってきたので鉄板バイブレーションで本気モードに入るとすぐになんかかかった。ゴミなのか?と思いつつ巻いてくるとゴミみたいなサイズのタチウオ・・・。そりゃ引かないわなって感じで上げようかとおもったら足元でバラし。オートリリースとなった。

この後は反応がなくなり釣れそうな感じじゃなくなってきたので終了した。

他のところで釣りをしていた人に聞いたところ指3本ぐらいのタチウオが結構釣れたらしい。なんと30メートルぐらいしか離れてないのにこんなに差が出るのか・・・。ポイントチョイスが完全にミスってたという残念な結果だったな。

帰り道で兵庫突堤見に行ってみたけど時合は終わったみたいで特にタチウオが釣れている感じはなかった。ただ、釣り場はタチウオ狙いの人がごった返すという平日の夜?ってぐらいの混み方だった。。。どうも夏休み開始ということで子連れとかも増えているみたいだ。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.