ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ショアジギ

須磨方面早朝ショアジギでグチGET

投稿日:

どうも!釣活くんです!今日32歳になってしまいました。30歳を超えるともはや歳は数えたくなくなりますね・・・。

今回は朝マズメを狙って須磨方面へショアジギングへ行ってみたのでその模様をレポートします。

静かに澄み渡る秋の海

5時30分頃、現地に到着すると5〜6人が既に竿を出していた。タチウオの人が多く夜釣りでタチウオを狙っていた人が残っている感じと朝マズメを狙ってルアーを投げている人、ノマセでアジを泳がせている人がいた。

悪くない場所に竿を出せたので釣り開始。

メタルジグ、ペンシルベイト、バイブレーションを使って広く探っているが反応というか魚っけが無い。

水はクリアで足元に泳ぐスズメダイは多いのが見える。だが肝心のイワシが全く現れない。日も出て朝マズメが始まるはずの時間帯に何もないというのはこれはわざわざ早起きして高速飛ばして来た甲斐なしの地獄の朝マズメか?
朝日

周りの人も誰一人何も釣っていない。かろうじてヘチでカワハギを狙っている人にスズメダイが釣れていたがどうでもいいレベルの釣果。。。

前回真っ昼間にツバスのボイルがあったので朝マズメならなんかあるだろと思ってきたのだが・・・。

そんな時に投げていたメタルジグが明らかに何もないところで違和感を感じた。新品のコアマン・ゼッタイジグ30gをよく確認するとどうもキバと言うか細かい歯の噛み跡のようなものがあった。シーバスのような歯型だが最悪エソかもしれない。でもこの際なんか釣れればそれでいいやと集中してその付近を狙う。

そして「ドン!」ときた。だが、ドンと来た割に全く動かない。あれ?なにこれ?タコが岩にしがみついた?そんな感じの感触。一応なんか動くけど走らないので魚ではないのか?というような・・・全く動かなくなったのでタコだった場合でももう強引に行くしかないと引き剥がしにかかる。

その瞬間思い切り走りだす!

トルクフルな強烈な引き。この感触・・・エイだ・・・。

前回もトビエイがいたるところでウロウロしていたのだがコイツにかかったようでハンパない重量感で沖へ向かう。止まるかな?と思ったけど絶対止まらないと判断してドラグを手で固定。
思い切り走られてそのままラインブレイク。
厄介なやつだった・・・。

すぐにノットを組み直し再トライ。周りはちらほら帰り始める。朝マズメはもう終わりに近づいている。

場所が空いたところへ行って投げてみる。足元にシーバスが数匹泳いでおりメタルジグへ反応したものの食うまでには至らず何処かへ行ってしまった。クリアすぎるのが食いを悪くしている気がする・・・。

ついにチャンスタイム到来!

その後、急に鳥山が発生し、近づいてくる。これはチャンスタイムがついに来たわ!と気合を入れて狙う。

カモメが舞い、その下では水面が割れて小魚が跳びはねる。もはや疑いようもなく捕食している青物か何かの群れである。

幸いメタルジグで余裕で届くエリアだったためガンガン投げて通しまくるが予想に反して全く当たってこない。

よく見るとベイトが小さい。カタクチの子供のような小ささ。前回のマイワシではなくマイクロベイトパターンか?

ジグサビキなら狙えるかもとメタルジグの前にセッティング。

反応無し!!!

周りのアングラーもボイルを打っていたがだれもヒット無し。なんだこれ・・・。

群れは去り、また静かになった眩しく朝日を照らし返す海に向かってただひたすらメタルジグを打ち続ける。

諦めかけて場所を大きく変えようかな?と思っていた時になんかヒット

全然引かないので絶対小さい。何だろ?サバかな?とゆっくり巻き上げるとなんとグチ
グチイメージ
関東ではイシモチとも呼ばれる魚でニベの仲間であることからルアーでも釣れる魚でショアジギでもたまに釣れる魚。
私は釣ったことがなかった魚なのでちょっと嬉しいけど青物じゃなくてちょっと残念でもある。。。

この魚を釣ったあとは結局特に他の魚はヒット無しでちょっとエギを投げて寄ってくるイカいるかな?とやってみたがイカの影なし。

兵突へ移動

流石にグチ一匹じゃ寂しすぎるのでイワシをちょっと追加して帰ろうと兵突へ。

地味に刺し身がめちゃめちゃ美味いらしいウルメイワシを釣る為にダイソーのサビキの下にメタルジグをつけて足元でシャクリ続ける。

アジは朝マズメや夕まずめの食いが立つ時間帯以外食ってこないがイワシは一日中このエサなしジグサビキで釣れ続けるので手軽なおみやげ調達にはピッタリ。
普通にコマセを使ったサビキならアジやサバ、イワシなど色々と簡単にたくさん釣れるがタックルが汚れて洗うのが大変なのでコマセを触りたくないという理由で今回はエサを使わない。

隣の人が小アジを釣りまくっているので俺にも釣れるんじゃないかと思ってしまうがエサ無しジグサビキではイワシしか釣れない。
うるめイワシ
それもウルメイワシオンリーで2時間ほどやったが普通に30匹も釣れなかった。コマセありなら軽く100は釣れていた感じがする。実際隣の人はそれぐらい釣っていた。

ぶっちゃけそんなに釣ると捌くのが大変なので30匹でちょうどいいのだが。

10時くらいにジグサビキのジグに中サバヒット。中々の引きで結構な楽しさwやっぱり青物って引きがたまらんね。
サバ

兵突名物の自衛隊潜水艦(そうりゅう型)も見れたことで結構なんだかんだで楽しめた釣りだった。
潜水艦
ちなみに家に帰って捌いて食ったウルメイワシの刺し身はマジで絶品。あんなに簡単に餌なしで釣れる魚の味とは思えない最高レベルの刺し身だった。次回も絶対釣って帰ろうと固く決めた。

今回のヒットルアー

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.