元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ タチウオ 釣行記

南芦屋浜で青物祭り!しかし参加できず!

投稿日:

どうも!釣活くんです。

今回は南芦屋浜で青物が釣れているらしいのでちょっと青物を狙いに行ってみたレポートです。

スポンサーリンク

朝は武庫川に偵察へ

武庫川で結構シーバスが釣れているということで台風後の武庫川の様子を調べに行ってみる。

川は非常にクリアで底まで丸見え。

シーバスが上がってくるということはベイトがいるはずと思いどんなベイトがいるのか見てみたが小さい何かはいたが特にシーバスを集めるようなベイトが見当たらない。

もちろんシーバスを狙ってみたが特に気配はなく川を見ながら帰っていたら落ち鮎の群れが結構いるのを発見。
落ち鮎
どうやらシーバスはこの落鮎が弱って流れてくるのを河口で待ち構えているらしい。今度まとまった雨が降ったら落ち鮎パターンのルアーを持って夜行ってみようと思う。

夕方から南芦屋浜へ

青物は夕マズメがいいらしいので16時ぐらいに南芦屋浜へ。

ベランダは予想通り結構人が多かったので石畳へ行く。

石畳も何人か人はいたが余裕があったのでそこで釣り開始。

すでに他の釣り人は青物をゲットしているようだった。ぱっと見サゴシっぽい魚。

準備をしていたら隣の人もサゴシの大きめサイズをゲットしていた。

これは急がなければって感じで準備をしてルアーを投げる。反対側の人がタチウオをゲット…16時の段階ですでに時合ど真ん中っぽい。

見ていると足元でベイトが追われているのが見える。何の魚かは分からないが沖の方ではサゴシがはねている。

とりあえず横の動きでバイブレーション、ミノー、スチールミノーと試すが反応なし。こういう時はメタルジグか?とビッグバッカージグで誘うと足元で何か食ってきたものの乗らず。

そんな感じで全然釣れないで時間が過ぎていく。隣の人は順調にサゴシをかけてバラしたりしているのにこちらはアタリらしきアタリも無い・・・。

だんだん暗くなってきて焦りがつのる。

最近仕入れたNEWルアースチールミノーで釣りたい気分だったのでこれを投げ続けるのだがどうもまっすぐ引いてくるだけではダメな気がして時々トウィッチを入れる。

時々じゃダメか?と思いジャークを入れ続けるとグイ!とロッドが絞り込まれる!が、すぐバレた・・・。どうもタチウオっぽかった気がする。

それでもスチールミノーで釣りたかっただけにショック。

やはりジャークでルアーをイレギュラーアクションさせなければ反応しないらしいのでもうここからはビッグバッカージグ一本で行くことにした。

しばらく沈めて誘ったりしていたが表層がざわついていたので表層をしゃくりまくりながら攻めていたらなんかかかった。しかし引かない。ゴミなのか?と思ったら足元でちょっと魚っぽい引きを味わえて上がってきたのがベルトサイズのタチウオ。
極小タチウオ
今年最小サイズだと思う・・・。

その後も同じ攻め方で攻めるが特に反応なく真っ暗になって水面のざわつきもなくなったので終了とした。

ぶっちゃけ状況としては周りの人は普通にサゴシを釣っていただけにかなり辛い・・・。ちなみに帰り道何故か猫の前にハマチが落ちていた・・・。拾おうかなと思ったけど腐ってそうだったので止めといた・・・。サゴシ以外にハマチも釣れていたようである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ショアジギ, タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.