ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

初冬・・・。

投稿日:2008/11/09 更新日:

多摩川下流域
晴れ
13度
シーバス・1ゲット
17時~21時
中潮
タックル:シーホーク84L ツインパワー3000MG
ライン:ベイジギングセンサー 0.8号 リーダー:スーパーEX4号

この秋一番の寒波が到来し、最高気温が13度と冬を思わせる1日だった。

潮を確認すると14時満潮で21時干潮という微妙な潮。
干満の差も少なく、潮の動きは悪い。

あまり期待せずに一応行って来た。

17時に現場へ到着し、投げ始める。

ボイルはほとんど無く、ベイトの気配も今ひとつ。

厳しいと判断し、ローリングベイトのリフトアンドフォールから始めると前回ぶちきられたローリングベイトの偽物ルアーの色違いが釣れた。
ラッキーと思っていたが結局ローリングベイトは根掛りで死んだのでプラスマイナスゼロでした。

で、魚の反応の方だが全く当たりなし・・・。

ローリングベイトが切れたので得意のワームへシフト。
そこにいる魚を仕留めるのに最も優れたルアーはこのジグヘッドワームである。どこにいるかわからない状態で投げるのは愚かだがそこにいるとわかっている魚を獲るためにはワームを使わない手は無い。
確かにレンジコントロールはオートでこなせないので多少の技術はいるのだがメリットの方が大きいと思う。

前回、あたりの多かった下流側のエリアで流すと足元でヒット。
あわせた瞬間ゲット・・・。なんとも楽しめない味気ないやり取りとなってしまった。

35センチくらいのセイゴ。

この後、ちょこちょこボイルがあるもののワームにもルアーにも何も反応が無く、雨が降り出す。

雨が本降りになり始め、少し活性が上がったのかワームにバイト。完全に当たったのだが食い込みが浅く、乗らず。

そしてちょっとしたフィーディングタイムも終了となったので納竿。

来週の大潮に多大なる期待をかけることにした。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.