ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス 釣行記

早朝短時間勝負でシーバスが出た!

投稿日:

どうも!トランプさんが大統領戦勝ちましたね。私はミスタープレジデントと言うゲームを見てから「あぁ大統領はトランプさんになるな」と確信していました。ポッキーのミスタープレジデント実況動画は間違いなく面白いので必見ですよ!

今回は早朝の時合だけ勝負でシーバスが来たのでそのレポートです。

サゴシ・タチウオフィーバーが続く西宮ケーソンへ

このところのサゴシ/タチウオフィーバーは止まりそうもなく更に勢いが増しているように感じる西宮ケーソンへその恩恵を授かりに出発。今回は前回よりも40分遅らせて4時40分出発だったがまだ早かった・・・。

夜中に雨が降っていたようでかなり路面はびしょびしょであったものの既に雨は止んでおり、原付きで行ってみる。予報では最低気温が12度ぐらいで寒くないと言うことなので多少なめた感じの装備で行ってみる。予報通り特に寒さは感じず大丈夫だった。

釣り場は夜中に雨が降ったにも関わらず人が多い。ほぼ満員で入るところが見当たらないので濡れたテトラという一歩間違うとかなりやばいスポットに行くしか無いかと思っていたらちょうど帰る人がいたのでそこに入る。

釣りを開始し、タチウオを狙う。
真っ暗なのでルミノーバのフラッシュJの今回はシャッドテールバージョンで引き釣りしてみる。

全くアタリ無しの時間が続くが隣のウキ釣りのおじさんはめっちゃ釣れてる。仕掛けをぶち込んだら一気に横っぱしりするようなアタリで相当活性が高いように感じる。

なぜかルアーには反応がないのでルミノーバは今日は違うと判断して普通のマナティー90のオレンジラメでワインド開始。

この時点でかなり時間が経っていたので空が若干明るくなり始め、ベイトが騒ぎ始めている。

オレンジラメマナティーでいきなりヒット!しかし即バラシ!
時合突入なのかオレンジが当たりカラーなのかはよくわからないがやっと来た感じなので集中してやるとまたバイト。今度は尻尾を食ったらしく尻尾がざっくりやられている。

尻尾を食われる場合用のフックに変更してやるとしばらくしてガツンと来た。引きは中々面白くだいぶ楽しめたのが指4本サイズ。このサイズだと納得のサイズだ。

時合なので写真も取らずにとりあえず首だけ切って血抜きして釣りを続ける。

どんどんボイルが激しくなってタチウオが水面から飛び出すシーンが何度もあった。ベイトはカタクチイワシで足元はもう海の色が変わるぐらい密集してるので流石にルアーを通しづらく沖を中心に狙う。


見辛いがかなり水面がざわざわしてるのがわかるだろう。

周りは順調にタチウオを連発していてサゴシもちょいちょい釣れている感じ。前回よりも明らかにみんなよく釣れている。

水面がざわざわしすぎなので水面集中攻撃ということでミノーに変えてやるとアタリ連発。ただ、乗りが悪い。ミノーをかじるもののフッキングに至らない感じでとにかく必死で掛けに行くが何度もバラし、やっとのことで一本小さめのタチウオを後ろのフック一本で釣る。

これは効率がいいのか悪いのかわからないってことでやめてバイブレーションやワインド、メタルジグでやってみるもののなんか迷走しているようで上手く釣れてくれない。

かなり迷宮に迷い込んだ感じで周りが順調に数を伸ばす中、一人空を見上げる・・・。
恐ろしい雲
めっちゃ変な雲出てるやん。何この魔法の世界?逆に釣れなくてよかったわこんな変な雲生で見れてラッキーやわ、となんかもう別の世界に行っていたが一度落ち着き始めていたボイルがまた復活してやる気回復。

なんかボイルが大きくてタチウオが飛び跳ねるボイルじゃない。これは絶対サゴシや、もしかしたらサワラかもしれんってことで実績抜群の鉄板バイブレーションで狙う。

しばらく普通よりちょっと早めぐらいの速度で引いていたらガツン!ときた。引きが強烈。これはタチウオだったらドラゴン級、サゴシの可能性が高いぞ!と思いながら強烈な引きを味わいながら巻いてきたが引きが一向に収まらない。

何このナイスファイト?と思いながら足元まで来た時に竿を立てて浮かせようとしたら思い切りエラ洗いしてばらしてしまった。完全に60オーバーのシーバスだった。

やってもうたわ・・・まさかのシーバスやったんかい。
完全にミスってしまった。

ただ、まだボイルは続いていてまだワンチャンあるで、ワンチャン!と同じように鉄板バイブを投げ続ける。

そしてヒット!ガツンや!メッチャクチャ気持ちのいいガツンが来て引き的に完全にシーバスってことでじっくりやり取りして足元まで寄せてからドラグ緩めてとにかく泳がせて弱らせぐったりするまで十分弱ったのを見計らって5号のリーダー掴んで抜き上げ。
シーバス
サイズ的には50センチぐらいだがエサをたらふく食っていて重さ半端ない。

体高もめちゃくちゃ立派でまさに秋の荒食い回遊シーバスって感じだったので普段は西宮のシーバスは食わないけど今回はお持ち帰り。

このシーバスを弱らせている時についてきた同じぐらいのサイズのシーバスがいたのでまだ行けるかと思ったがこの後は何も反応はなく最近良く釣れているイシモチ(グチ)を狙ってジギングサビキなんかもやってみたがどうも釣れそうな感じがしないので7時30分ぐらいで終了とした。

地味にこの時点でもかなり沖の潮目でボイルが起こっていたりしてなんか今日は無茶苦茶いい日だったのかもしれない。

この土日はさらなる混雑かも知れないが内向きでも相当な量のカタクチイワシが回遊していたのでもし外向きが入れなさそうでも内向きで多分それなりに釣れると思うので行ってみていいと思う。まぁ武庫川一文字のほうが釣れているのでそっちの方が確実ではあるけれども。

今回のヒットルアー

タチウオ

※カラーはオレンジラメ

シーバス

※カラーはチャートバックパール

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2023 AllRights Reserved.