ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス チニング

チニングで真チヌをゲット!しかし初シーバスは遠い…

投稿日:

今年は去年に引き続きイワシが多く、この時期に武庫一や神戸の沖堤でブリやらサワラやらが乱れ飛び、40センチ級の大サバもよく釣れている。

その余波で阪神間の普通の堤防でもブリの子供であるツバスが結構ルアーで釣れているらしい。

ということでちょっと近所の堤防の様子を見に行くと入り口のとこで釣りをしていたサビキ釣りの親子にツバスが釣れていた!マジか!こんな一番奥で釣れるんか!ってテンションがおかしくなってきたけどルアーでは釣れないみたいな感じで夜になる。
近所の堤防の様子

夜になったらシーバスやということでドブ川に移動してバチ抜けを狙う。

バチ抜けはしているのかしてないのか確認できないが、たまーに小さいボイルみたいなセイゴが食ってる感じの波紋が出る…これはでかいのおらん可能性が高い…。

セイゴを狙ってワームを投げるもボイルの数が少ないし、当たりも特になし…。

これはまずいぞ…ボウズなる可能性高いかも…。

と危機感が湧いてきたので武庫川のテトラ地帯へ移動して本気でチヌ狙い。

チヌも簡単ではなく、当たりは連発するもおそらく全部チビレ(ちっちゃいキビレ)で合わせてもいっこうに乗らない…。

どこへ投げてもチビれのあたりばかりで本当に今日は無理かもと諦めかけていた時、ボトムバンプさせていた途中にヒット。普通フォールとかステイでコンってくるのがチニングなのに跳ね上げ中に喰う?ボラとかにスレがかりしちゃった?と思ったけどチヌの引き。
いい感じの真チヌ
サイズはそうでもないけどいい感じの真チヌゲットでした。

だいぶ時間がかかってしまっていたのでこの一本で満足して翌日の安田記念を予想するために早めに帰宅。
今週もなんとかボウズは逃れたけどもうちょい釣れてほしかった…というよりシーバスいつになったら釣れるんやろ?次回はチニングに逃げずに頑張ってシーバス釣ります!

参考安田記念の予想もしてる競馬ブログはこちらから

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス, チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.