ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

記録的豪雨後の運河でバチ抜けシーバスを狙う

投稿日:2012/05/06 更新日:

久しぶりに品川運河にシーバス釣りに行ってきた。

結果から言うとノーフィッシュにて終了でした。その苦戦の日記です。


GWって何?美味しいの?な感じで仕事なのだが夜だけシーバスやりに行くことに。
そのために昼飯を抜いて仕事をしたので現地のマクドナルドで昼飯。無性にマクドナルドのポテトが食べたくなる時あるよね。それでした。まさに。

まず、橋がらみのポイント。
橋の上からのライトがあたり、非常に魚のたまりやすいエリア。

ついてしばらくして単発だがボイルがあった。

でも雨でかなりゴミがたまっていてやりづらい。

あたりらしきものも無きにしも非ずというか小さすぎて乗らない感じ。俺はどんなに小さくても釣ることにこだわる男だからメバル用のワームで狙ってみたのだけど逆に使いづらいことがわかってローリングベイトに戻した。

それでもやはりバイトらしきものしかなく移動。

この橋のポイントは実績抜群だったのでここでかなり坊主の可能性が見えてきた。

川がらみのポイント。
この場所は川からバチが流れてくるのでそれを待ち構えているシーバスがたくさんたまる場所。

ただ、激混みでスレまくっているのが残念なポイント。魚はいるが難しいのだ。

今回もすでに7~8人アングラーがいて、つれな過ぎて帰り始めていた。

ダメかな?と思いつつルアーを投げるとボイルがある。
大小あるが、水面で食っている魚は極小サイズ。
モワっとなるだけのボイルは恐らくまぁまぁそれなりのサイズ。

バイトはある。ただ、魚が小さそうだ・・・。

ボイルは単発で、場所もあまり安定しない。難しいパターンだ。ここに見切りをつけるべきだろうと移動しようとすると隣で釣っちゃった・・・。それでまたしばらく無駄に粘っちゃった。
魚はいるのだが極めて難しい・・・。

隣の人も連発するわけでもなく無情に時間が過ぎるだけ。

移動。

バチのたまる運河の合流点。
例年ならばうようよバチが流れてくる場所。

全くバチがいない!全く。
恐らく大雨の影響はかなりあると思う。濁りが普通ではなかったから。

どうにもこうにもベイトがいない場所にシーバスが集まるわけも無い。

結構歩き回ったが一番魚の濃かったのはやはり川のエリア。しょうがないので最後の希望をこめて移動。

だが、バチ抜けの時期は時合いが非常に短いのが特徴で、すでにエサの時間は完全に終了していた。
バチが水面を泳ぎまわっているのにシーン・・・。こんなもんなんだよ。釣りって。タイミング外すとダメなんだよ。

雨も降り始めたのでここで終了。

最近それなりに釣りに行っているにも関わらず全然魚を釣っていない。今回も不幸を貯金しておくことにする。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.