ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

メバリング 釣行記

【神戸港】根魚狙いでまさかの大物ゲット!

投稿日:2017/06/30 更新日:

どうも!釣活くんです。

2017年の上半期も終了しましたね。

今回は宝塚記念が当たる予定で買っておいたコンクエストBFSの使用感を確かめに神戸港へ行ってきたのでそのレポートです。
(来月のクレジットカード引き落としがえらいことになっとる・・・得意な夏競馬で取り返そうっと・・・)

兵突は今ひとつ・・・

夕方17時過ぎぐらいから青物とか回ってないかな?と思って兵突でジギングサビキをしてみるもののサバすら絡んでこず、特に当たりもないまま周りもサビキで多少釣れているぐらいで特に熱い状況でもなく移動。

神戸港某所にて根魚を狙う

キャパが小さいのでシークレットとするが神戸港でガシラを狙う。

前回ライトタックルでガシラを狙ったところやたらと切られまくったので今回はベイトフィネスで大物対策。

足元の底付近でワームをチョンチョン動かすとゴン!と来る気持ち良い当たりが来たが即バラシ。これは絶対でかかった・・・。

その後同じポイントを攻めると底に沈めた途端に重くなりヒット!新リール初ヒットはガシラであった。

ガシラがいるポイントは固まっているようでその後更にでかいガシラをゲット。

これは持って帰って食おうと思い足元に置いておくと猫に持っていかれる・・・。

更に同じポイントで大きめのタケノコメバルゲット!!!これだけ連発すると楽しすぎる。これはクーラーボックスにキープして釣りを続ける。

しかし、クーラーボックスを持ってきた途端サイズがリリースサイズしか釣れなくなる・・・。底にはガシラがいるが表層にはムラソイがいるみたいで着水と同時にヒットする。

縦のストラクチャーにピッタリついているようで際に落とすとラインが走る。

これは面白かったがどんどん暗くなり、ストラクチャーが狙いづらくなる。そして魚自体も移動したらしく岸壁際やストラクチャーでアタリが無くなってしまった。

広範囲を狙うためにフリリグに変更

遠投して広範囲を狙うためにリグをジグヘッドリグからフリリグにする。フリリグと言うのは直リグ(リーダレスダウンショット)のシンカーをフリーにしたテキサスリグのナス型シンカーバージョンみたいなやつで韓国で流行っているらしい。

ワームはバグアンツ2インチのキジハタスペシャルカラー。

これで底をズルズルと直リグのように引いてくるとゴンゴンと来て合わせたらガシラだった。やっぱり沖へ移動しているらしい。

その後はガシラのアタリはあるものの乗らない。

歩いて色々攻めていると一番奥まったところでなんか当たった。シェイクをいれて追い食いさせると明確なバイトが伝わってきたので思い切り合わせたら無茶苦茶引く!根魚の引きじゃねえ!何だこれはと思いつつコンクエストBFSのトルクフルな巻き心地を存分に味わいつつ寄せてくる。

キビレでした。7ポンドのフロロなので抜き上げ微妙だなと思ったものの車にタモを置いてきてしまっていたので弱らせて動かなくなってきたところをラインを手繰り寄せて抜き上げ。

上がった瞬間糸が切れるというギリギリのところだった。

キビレでも今年最大フィッシュの44センチでこんなところで釣れるとはとかなり驚く。まぁ前回来た時も黒鯛はいたけどこんなにでかいのはいなかったような?

何せよ、この一匹でコンクエストBFSの試し釣りは十分と感じたので終了とした。

ヒットルアー

by カエレバ

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-メバリング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.