ワームで釣るチニング攻略!仕掛けやおすすめワームを紹介

クロダイイメージ
自分の中で最終手段とも言えるのがワームでのチニング。

ルアーのようにアピール力は無いが、非常にナチュラルでほぼ餌として、違和感なく口を使わせることが可能な仕掛けである。

また、根がかりしてもルアーのように何百円もするものではないので、金銭的に多少ダメージが小さいのもこのワームの釣りのメリットの一つ。

ラバージグのようなアピール力はないが、チヌの魚影が濃い場所ならワーム単体での釣りに分があるので知っておいて損はない。

このページではそんなワームによるチニング仕掛けをご紹介する。

参考動かし方など基本的な使い方はこちらのページで(ラバージグ編)


テキサスリグ仕様

テキサスリグは簡単で使い勝手が良い。

バレットシンカーと呼ばれる弾丸タイプの中通しのシンカーを使用する。フックはチヌ針でもバス用のオフセットでもワームに合わせて使用すれば良い。

2インチや3インチのワームだとチヌ針がぴったりだろう。
テキサスリグのチニング仕掛け

チニングワーム付け方
※シンカーはタングステンの3〜7グラム、針は管付きのチヌ針の5号か6号を使用。

タングステンのシンカーは価格が高いというデメリットがあるものの、底質が手に取るようにわかるため根がかりしそうな雰囲気を事前に察知することも可能。そして岩と岩の間に挟まっても非常に硬質なため食い込みにくく、ロッドを何度も振れば外れる事が多い。根掛かりの回数を減らすならタングステンのシンカーを使用したい。

リーダーレスダウンショット仕様(直リグ)

これが根掛かり回避能力抜群!オフセットなのでスーパー根掛かり地帯でもそう簡単には根掛かりしない。フッキングは多少落ちるが送り込んで合わせればまず問題なくかかる。40オーバーなら即合わせで問題なく乗るので、乗らない場合はチビレの可能性が高いだろう。

オフセットフックは軸が細いためチヌがかかると硬い口で曲がってしまうことが多いのがデメリット。大型サイズがかかるとかかりどころによっては毎回のようにハリが使い物にならなくなることも。どうしても根がかりが多すぎるという場所で使ってみると良いかもしれない。

ちなみに、こういった専用の仕掛けを購入しなくても、小さめのスナップにナス型重りとオフセットフックを付ければリーダレスダウンショットは簡単に作れる。動きもちゃんとした既製品と同じように動き、よく釣れるので私はその仕掛けで釣りをしている。

ナス型重りは細いタイプが根掛かりしづらい

更にこの仕掛けにはメリットがあって重りや針がすぐ変更出来ることとルアーに付け替える時もいちいち結びかえる必要が無いこと。とにかく便利。

ワームでのチニングにマッチするワーム紹介

ワームで釣れた真チヌ
チニングにベストマッチするワームを紹介していく。

チニングトップバッターはこのワーム


ダイワ・ダックフィンバグ
素晴らしいアピール力と食わせる力を持つワーム。耐久性も良く、トップバッターはこのワームになっている。トップバッターだけで一日釣れ続くことも。

脚の多さは波動の多さ

実績抜群!根魚からブラックバスまで何でも釣れる最強ワーム。釣れる理由は脚の多さで一本一本から生み出されるその波動はまさにエサの動きそのもの。

一口サイズの食わせ系ワーム

一口サイズの小さなシルエットでベイトがフナムシならこいつが効く。魚のサイズが小さくて中々乗らない時に使ってみたいワーム。

もはやエサ、最終兵器は生分解性ワーム

ほぼ反則とも言える味つき匂いつきの生分解性ワーム。このワームで反応が全く無いならそこにはチヌがいないと判断してもいいぐらい必ず食ってくるワーム。チビレの場合が多いがとにかく坊主を避けたい時に使う。春先などチヌの活性が低い時などにも活躍する。

まとめ

チニングでワームを使うのは最終手段と言ってもいいほどよく釣れる釣り方で、根掛かりのダメージも低いことを考えると根の荒い釣り場では最初からワームだけ使っておくことをおすすめしたい。

動かし方は少しコツがいるし、フッキングは経験が重要になってくるが慣れれば圧倒的に釣れると思うのでマスターして欲しい。

おすすめ動かし方など基本的な使い方はこちらのページで(ラバージグ編)

ルアー釣り入門

このページでは「釣活」の釣り入門コンテンツをまとめて紹介しています。ルアー釣り初心者から意外と基本的なことを忘れてしまったルアー釣り歴の長い方までごらんいただけると幸いです。 目次タックルについてウェ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。

2

釣りという趣味ははまる人ははまるがはまらない人ははまらない。 何が違うのか?それはわからない。 けれども私にとっての釣りは人生で一番興奮出来る遊びであり、どれだけやり続けても飽きることの無い究極の趣味 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:2019/01/25 更新日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.