ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

クロダイ攻略は根掛りとの戦い!

投稿日:2011/08/13 更新日:

今回は兵庫でのクロダイ釣りのレポート。

夏は夜釣りでチニングというのが自分の中での風物詩となって何年か経つが年々難しくなっている気がする・・・。
多分初めてルアーでチヌを狙った時が一番簡単に釣れてしまったのでそのイメージが脳に強くこびりついているせいだとは思うが。

いつものチヌスポットに到着。

釣りのポイント選びでいつも大事だと思っているのが人気スポットのそばのちょっとしょぼいポイントを選ぶこと。
人気スポットは人が多くスレているうえに先行者がいて攻められない時もある。思う存分ストレスなく釣りをすることが釣果アップの決め手だと思っている。

なので、有名な甲子園浜の近くの小場所で釣り開始。

水面を見るとボラの子供が水面の餌をついばんでいる。
その量が半端じゃない。時々この付近にはボラが集まるがここまでボラだらけだと釣りがしづらい・・・。

ボラの魚影の薄い場所を探してチヌ用のルアーを使う。もちろんガルプ装着済み。。

しばらくやるもこの場所の根が荒すぎて釣りにならないまさか5個ストックしていたのに3つもこんなにあっさりなくなるとは・・・。
底に当てるだけの速さで巻くと根掛かりしづらいらしいがそれだとアタリがとりづらいので私のスタイルはキス釣りのようなずる引き。これだと根にガッツリはまる。じっくり攻められるので食わせやすいが・・・。

しょうがないのでボラの濃いところでやることに。

小さなチヌのあたりはあるが乗るようなサイズではない。

しかしそのアタリも少ない。

そうしているうちにボラの子供を襲うシーバスが集まり始めたようでボイルだらけになる。

今回はチヌ釣りなのでシーバスは無視して底を狙う。

どうしてもチヌが釣りたいのでワームをちぎってサイズを小さくする。ルアーもバス用のジグヘッドに変えてボリュームを落とし25センチくらいでも針掛かりするようなセッティングにしてみる。

これでやっとヒット。

チヌゲット画像

想像通り25センチほどだったが約1年ぶりのチヌだったので満足♪

このサイズでもたくさん釣れれば楽しいかと思ったのだがこの後は全くあたりがない。

シーバスのボイルがすごいのでちょっとバス用のルアーを投げてみたが見向きもされない。このボラ大量発生パターンだけは釣れたことがない・・・。多分攻略法は存在すると思うが発見出来ない・・・。

チヌもシーバスも難しい・・・。
まだ、しばらく兵庫にいるので10匹はチヌを釣って東京へ帰りたい。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング
-, ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.