ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

イベント

リールをオーバーホールに出してきた。

投稿日:2009/01/12 更新日:

海釣りにバス釣り用のコンクエストDCを使っていたのだがやはり塩がきつすぎてなんか動きが硬くなってる。
完全にぶっ壊れる一歩手前になっている気がするのでとりあえず今シーズンこそはオーバーホールに出そうと思っていたのだ。

ついでに去年海へ引き釣り込まれて水没したツインパワーも分解洗浄してもらうことにした。

釣具屋で働いていたのに今まで自分のリールをオーバーホールしたことがなかったのでどれくらいかかるのか良くわかっていなかったのだがずいぶんする。

Aコース・・・やばそうな場所を全て交換する最高レベルのメンテナンスコース。

Bコース・・・壊れている部品は交換する必要最低限のメンテナンスコース。

Cコース・・・壊れている部品は交換しない。分解洗浄を主とするコース。

なんかこんな感じだったのだがコンクエストDCはAコースにしてもらった。
5万円クラスのリールは16500円までの料金となっていた。

結構するなぁ・・・安めのシーバスロッド買えるよな。
でも、このDCは魂が宿っていて前の持ち主は元同僚なのだが50センチ級のブラックバス捕獲数がすごいかったと語っていた。
シーバスでも相当釣りまくったし、真鯛もハマチもこのリールで釣った。これだけ魂のこもったリールはもう会える気がしないので大事に使いたい。

で、ツインパワーの方はまだ1年しか使ってないし、毎回メンテナンスしてたのでCコースにしてもらった。

2~3週間かかるらしいがどれくらいかかるんだろう・・・。2万円を覚悟しているが・・・。金かかるなぁ・・・。

腕時計のカバーに思いっきり傷が入ったからこれも預けてるし、なんか今月ちょいやばめな気がしてきたな。

オーバーホールに出したリールが帰ってきた

一月の始めごろにオーバーホールに出していたリールが帰ってきたので取りに行った。

ツインパワーMGとコンクエストDVの2台で14000円でした。

3年海でハードに使ったコンクエストDCはギアが錆付いていました。

結構さびやすいもんなんだなぁ。

まぁまだ使えそうな感じだったが壊れてから修理するのもいいシーズンだったりするとだいぶつらい思いをしそうなのでこれでよかったと思う。

それにしても高いな・・・。

とりあえずコンクエはバス釣り用にしようと思った・・・。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-イベント

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.