ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エギング

春のイカに会いに

投稿日:2009/06/08 更新日:

千葉南部エリア
曇りのち雨
28度
アオリイカ・1ゲット
11時~20時
大潮・干潮~満潮~下げ
タックル:トライバル セフィアBB
ライン:ジギングセンサー 0.8号 リーダー:ユニチカ・エギングリーダー1.5号

ずいぶんとイカ釣りにいけてなかったのでみんなで行って来た。

いつも雨でうんざりしていていたのだが今回むちゃくちゃにいい天気。東京湾アクアラインも全く渋滞無しで快適ドライブ。
今回は釣れそうだなと思っていたのだが現実は・・・。

伊豆と比べてずいぶんと浅いので底まで丸見え。
最初のポイントは砂浜に藻場が点在するエリア。

結構でかいモンゴウイカが足元に見えたがエギには反応せず去っていった。

この後はこのポイントのよさがわからず移動。

そのポイントでは先行していた人が300グラムくらいのアオリイカをすでに釣っていた。

ここも少し深くなったかな程度の水深5~6メートルくらいの浅場。

予想通り昼間は全く釣れる気配すらないのでひとまず投げ釣り。

キスは1人10匹ぐらい釣れた画像

ボチボチ、キスが釣れて楽しめたがそんなことをしているうちに日が傾き始めいい時間帯になってきた。

ちょっとやる気が出てきたのでテトラから外向きにエギを投げる。

しばらくしてフルキャストして巻いて来た半分位のところに沈めていると違和感。
風が強くアタリがほとんどわからなかったがちっちゃいアオリイカをゲット。

子イカなのか?この時期にこのサイズは全然納得がいかないので写真は撮らず。でも貴重な蛋白源なので持って帰るけどw

それからも暗くなり始めたのに周りも釣れる気配がない・・・。

なんなんだろうこのまま終わりなのか・・・。

と思っていると「網貸して~」と言う声が。
何釣れた?と行って見ると!!!!

デカイ!

モンゴウイカ!
今回初エギングの地元の連れが釣っていた。

いや初めて触ったけどすごい感触・・・イカなのに硬いw

気持ち悪い顔のモンゴウイカ

完全にこの顔はパイレーツオブカリビアンのあの船長だよ・・・。

それでみんなテンション上がってエギを投げまくるが反応がない。

マルイカさえ釣れない・・・。さびしいなぁと思っていると・・・

また来た!らしい。

見ると竿が大きくしなっている。

で今度はキロオーバーのアオリイカゲット・・・。

キロオーバーのアオリイカ画像

なんつうひきの強さ。こんな誰も釣れてない状況で2連続キロオーバーのイカゲットって・・・。
昼間にも実はタコを釣っていたのでこれで3杯目。

うん・・・。ビギナーズラックって言うんだよなこれ。

俺も去年の初エギングキロオーバー含め3杯ゲットのビギナーズラックと言うものを味わったしな~。

ただ、ビギナーの投げていた場所はエギングの本によくあるような好ポイントではなくて砂浜地帯の奥まった場所。
そしてエギも俺の中では2軍エギで別になくなってもどうでもいいようなエギを貸していた。
この時期は4号を使えとか書いている本が多いけど3号・・・

はっきり言って本とか読めば読むほど釣れなくなるんだと言う事が証明された釣りとなった。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-エギング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.