ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エギング

神戸港の秋イカ成長してました!

投稿日:

どうも!釣活くんです!

今回は以前神戸港の秋イカ調査で目星をつけていた場所へ収穫に行ってみたのでそのレポートです。

タチウオとノマセとカゴ釣り

夕まずめを狙って16時ぐらいに到着したいつもの神戸港は人がものすごい・・・タチウオの人とノマセの人とかご釣りの人、他にもウキ釣りの人とか賑わい方がハンパない。さすが秋本番。

私のようにアオリイカを狙っている人は誰一人おらずポイントはがら空き。墨跡もなしなのでしばらくは誰も釣っていない感じ。

でもいるはず。
前来た時は3号で乗るようなサイズではないアオリイカがかなり群れでついてきた場所なので一ヶ月経って大きくなっているはず。

早速いつもの激安ワゴンアオリQ3号を使って狙ってみるが反応ゼロ。足元に隠れているかと思ったが足元にはどうやら潜んでいないようだ。

ベイトフィッシュが見当たらないと思っていたのだがしばらくするとスズメダイが回ってきて賑やかになってきた。

足元全く反応無しなので沖にいるのかとド遠投。
特に沖にストラクチャーなど無さそうな場所なのだが実は底には何か構造物があるようでアオリイカがたまりやすい。
ほんとこういう一見何も無さそうなポイントとか通いこまないと絶対見つからない。。。この場所は去年の今時期に一度墨跡を見つけてチェックしておいた場所なのだ。知る人ぞ知るアオリイカポイント。

沖の海底までエギを沈めしゃくりながら底を取る。何シャクリ目かでトンと何か当たった。エソとかがエギに食いつくことがあるのでそれか?と思いつつももう一度シャクって沈めると明確にドンと当たったので思い切り合わせる!

ものすごい重量感!全く動かない。一瞬タコか?と思ったがジェット噴射でギュンギュン引き始めナイスサイズのアオリイカと確信した。

慎重に寄せてきてゲットしたのがナイスサイズアオリイカ。秋イカとは思えないナイスサイズっぷりに嬉しすぎ。菊さんの「おったなあ」が出てくる気分w

ナイスサイズのアオリ

これでぶっちゃけ来たばっかりやけどほぼ今日の釣り終わりぐらいの満足感に浸っていたがまだまだ釣れそうなので一応もうちょいやってみることにしてエギを投げる。

豪快に墨を吐きまくったのでしばらくは反応が無かったが日が傾き足元のシェイドがどんどん広がっていくにつれて魚の動きも活発になりいろいろな魚が目の前を通る。

そんな魚を見ながらエギを見ていたらエギが持っていかれるのが見えたので合わせると乗ったw影でイカ自体は全く見えていなかったがエギの動きだけでかけた感じ。

イカゲット
腕一本だった。

結構足元にイカが寄ってきていることがわかり効率の悪い遠投をやめて足元中心に狙う。

数投するとフォール中にラインがふわっとなるアタリをうまく合わせて3杯目。チャンスタイムなので写真も取らずに次を狙う。

足元のイカはちょっと墨吐かせ過ぎたみたいで反応が無くなったため遠投するため思い切り投げたらエギがちぎれて飛んでいった・・・。テトラとリーダーがシャクっている時に当たってたみたいでリーダーがボロボロに。。。チェックはこまめにしとかなきゃ・・・。まぁ500円しないワゴンエギなのでそれほどダメージはないが当たりエギだっただけにちょっと凹む。

その後は当たりエギを亡くしたショックもありイカの反応もないので完全に暗くなる前に終了とした。やはり秋イカはちゃんと成長していたことが確認できて良かった。想像以上の大きさだったのが嬉しい誤算だが。

今回のヒットルアー

icon
iconヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ RS
icon

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-エギング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.