ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング 釣行記

猛暑でもチヌトップは釣れる!

投稿日:

早起きとか苦手だし車運転するのも嫌いなので最近は本当に近所で楽に釣りすることしか考えてない。

そんなグータラな怠け者にもピッタリな釣りがチヌ釣りで基本ドブ川から汚れた湾奥までどこにでもいるし、釣れる時間も昼でも夜でも特に関係なく1年中釣れる。

本当に最高の魚に出会ってしまったなと思いつつクッソ暑い真夏の昼間にチヌトップやりに行ってみたのでレポートを書こう。

クソ暑い真夏の昼間にトップで釣る

チヌが最高だと思う理由がいつでも釣れること。基本夕マズメから夜にかけて警戒心が薄れた時間帯を狙うのが一番簡単なのだが別にその時間しか釣れないわけでもなく、真っ昼間でも十分釣れる。

この日も朝は他の用事があったので昼ごはんを食べてから出発。

クソ暑い12時過ぎの釣り場に着いたが風があってまだマシな感じではあった。
武庫川画像
早速釣り開始。足元にはクロダイがたくさんいるいつもの感じ。今回はキビレも結構見えた。

釣りながら歩いていくが中々出ない。ルアーが合ってないのか?といろいろ変えてみるがどれも微妙な感じで出ても乗らない。クリアすぎる水質がダメなのか魚のスイッチが入っていないのかルアーが美味しそうに見えないのか、すでに先行者が朝のうちに全部釣っちゃってるのか?わからないがかなり微妙な感じがする。

ルアーをポッパーからペンシルにして結構出るようにはなったが尾びれで叩くようなガッツリとした出方ではなく100%乗らないのがわかりきっているような出方。もわんって感じの出方が多い。チュボ!というルアーを思い切り吸い込むような出方はほとんどない。

1時間半ぐらい経ってノーフィッシュ…ヒットすらない…。流石に段々辛くなってくる。

真夏の昼の釣りは釣れるかどうかよりも体力的にどうかの方が重要だろう…暑さ対策は結構ちゃんとしてきたが普段デスクワークで一日中効きすぎる冷房の下で座りっぱなしなので、たまに歩きっぱなしで暑さの中で釣りをするとかなり堪える…。連続ではおそらく2時間が限界だろう…。

トップに出るのに乗らない状況はずっと続いてもう少しで乗りそうな時とかあるのに結局2時間近く経ち、そろそろ終わろうと思っていた時、やっときっちりヒットした。

それほど大きくはない魚だったがかなりいい引きをしてくれて楽しませてもらえた。

ルアーはポップX。困った時は結局ポップXに頼りがちな今日このごろ。なんやかんやで結果にコミットできるポップXは永久不滅の助っ人ルアーだな。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2023 AllRights Reserved.