ブラックバス 釣行記

夏の琵琶湖は熱かった!ハードでもソフトでも!

投稿日:2018/08/11 更新日:

どうも!釣活です!

派遣社員の仕事を休んで平日の琵琶湖へバス釣りに行ってきたのでそのレポートを書きます。

朝、2時30分起きで琵琶湖へゴー

朝なのか?夜なのか?よくわからない時間帯から車を走らせる。前日は夜21時に就寝ということで睡眠時間はバッチリ。

なんばでフォロワーさんと合流して琵琶湖に向かい朝4時過ぎに浜大津周辺で釣り開始。

朝マズメの浜大津、不発

最近の琵琶湖は15トン放水でアオコが発生し、水位もマイナス30センチを超えて水温は30度を超えるというまさに灼熱のデスレイクという情報を仕入れて来ているので釣れるとしたら朝の魚の活性がまだましな時間帯だろうと予想して早めに勝負をかけるつもりだった。

明るくなり始めたときに足元で魚を追うバスの姿が2度ほど確認でき、ミノーやノーシンカーなどで狙ってみたがバイトは無かった。

足元にたくさんある流されてきたウィードの際にスモラバを落とすと20センチぐらいのバスが食ってきたので送り込んで合わせようとしたらすぐ吐き出す…。リアクションで食っては来るけどガッツリ食いたいわけでもないようだ。

浜大津ではこれと言っためぼしい釣果を確認することはなく、水も予想通りアオコの影響かババ濁りなので移動。

朝マズメは終わったものの曇りでまだそれほど暑くもなく、チャンスはまだありそうと早めに見切りをつけた形である。

水の良い南湖北エリアへ

アオコの影響が少なそうな南湖北エリアへ移動して藪こぎをし、なんとか釣りの出来そうなスペースを発見。

風は北風で少し波立っていてトップに出そうな感じがすごい。

早速ライザーベイト007で表層を探ると明らかに何かが後ろでモワッとなったのが見えた。

これはトップあるわと思いながらやっていると隣でバズジェットを投げていたフォロワーさんがヒット!40センチぐらいのバスをトップで仕留めてくれた。琵琶湖初バスおめでたい!

負けてられないとライザーベイトを009に変更して投げていると結構足元でバシャ!と出た!でも乗らない!なんでやねん。

このバイトを最後にトップでは厳しい時間帯に突入。

まだ雲は出ていてそこまで暑くないので頑張っているとまたフォロワーさんにヒット!

チビタレルで46センチのバスゲット・・・
チビタレルでバス
渋いと言われながらもそこそこ大きめのハードルアーに食ってくるんやね・・・。俺はこんな状況と思ってなかったから正直ワームメインでビッグベイト持ってきてないわ。マジでいつどんな状況があるかわからんからビッグベイト持ってこないとダメやね・・・。

このエリアが正解と見て少しづつ歩きながら移動してポイントを探るが反応が悪い。バスが2本出た場所付近にはウィードが結構残っていたのが良かったような気がする。

他に入れる場所にはあまりウィードがまとまって残っていないようで本当に小さいバスしかいない。カットテールで探ると超極小サイズが・・・。
極小バス
20センチぐらいのバスもカットテールで追加したが午前はここまでだった。
チビバス

昼ごはんはバーベキュー

フォロワーさんがダイソーで300円のバーベキューコンロを買ってきてくれたので草津の農協でバーベキューの食材を買い込み昼ごはんはバーベキューすることにした。

草津の農協ではガラガラ抽選会をやっていて、なんと4回引いて2個当たるというミラクル・・・フォロワーさんの運の強さハンパない。

ダイソーのコンロはちゃんと使えるか心配していたもののそこそこちゃんと火が起こって、そこそこちゃんと肉が焼けた。ライターだと火がつけにくいという点以外はそこそこちゃんとしていたのでマッチを持っていけばいいと思う。
バーベキューの模様
ただ、火力が弱まるのが早いので一人1台は確実に必要だと感じた。今回は3つ買っていったので2つ使ってちょうどよかった。

ごはん類持っていかなかったけど肉いっぱい買って行ったら意外とお腹いっぱいになって肉余るレベルだった。
肉
昼ごはんを食べながら釣りしてる人を見ていると少年が40センチぐらいのバスをゲットしている!どうやらキャロを投げているようだった。

もうこの時間は太陽が燦々と降り注ぐものすごい炎天下だったのに釣れる人は釣れるという状況。まだまだ俺にもチャンスはあるぞ!
濁った琵琶湖

釣具店で涼みながら釣具を購入

バーベキューが暑すぎて死にそうになったので涼むのとキャロで使うワームでいいのが無いか探しにつり具のブンブン大津店へ。品揃えがマジでハンパない。50センチぐらいあるビッグベイトとか誰が使うねんってルアーまでいっぱいあるので見てるだけで楽しめる。

溢れ出る物欲と戦いながらなんとか自分を自分で抑えてワゴンに入っていためっちゃ良さそうなカーリーテールとフックだけ購入して店を出る。すっかり涼しくなった。

もう廃盤らしいけどアマゾンで907円なのに390円で売ってたからね。マジ買い物上手やわ(自画自賛)

コンビニで今販売休止になっているアイスボックスを発見して購入し、更にクールダウン。

朝2ゲットポイントへ戻って釣り開始

朝のポイントに戻り、釣りを開始する。一応持ってきておいたヘビキャロ用のタックルにさっき買ったワームをセットしてぶち込む・・・。

着底してちょっと糸を張ると手応え・・・思い切り巻き合わせ!ヒット!

結構強烈な引きでベイトタックルでもかなり寄せるのに苦労するレベル。しかも遠投したところでかかっているのでめっちゃ距離がある・・・下手にウィードに突っ込まれたら取れないという不安から変な体制で巻き続けたせいで腕がつりそうになる…。

でもなんとかゲット!
ブラックバス
45センチのナイスサイズ!50ぐらいあるかと思うほどの強烈な引きだった。

朝見つけたナイススポットで、釣れそうもない昼の暑い時間帯に、さっき買ったばっかりのワームで、一投目で釣るというなんか奇跡的に狙ってたことが綺麗にハマった感が超気持ちいい一本だった。

釣りってこういうのがあるからやめられないんだろうね。
ブラックバスTシャツ
※ブラックバスTシャツパワーもあるかも

その後はそのカーリーでなんかアタリっぽいのが2度ほどあったけどアタリなのか?と迷ってるうちに藻に潜られて藻化けパターンで逃げられる・・・。

ヘビキャロのシンカーが藻に絡みやすい30グラムと藻に全く絡まないけど飛距離の足らない9グラムの2種類しか持ってきてなかったのでなんかやりづらかった・・・。意外とバリエーションいるんやね。ヘビキャロも。

そして、16時をまわり夕まずめっぽくなってきた時、ダウンショットでカットテールを投げているとやっとこさヒット!

近づいてきて魚体を見ると35センチぐらいだったので余裕と思ってたら引きがマジで洒落にならない!明らかに40アップのパワーやん!ってつっこみをされてかなり足元の岩場でリーダーをすられたけど1.5号のフロロリーダーはなんとか耐えてくれた。
ブラックバス画像
それにしても琵琶湖のバスのパワーハンパないわ。野池の同サイズの倍ぐらい引くイメージでやり取りしないと切られてもおかしくはない。

降雨コールド

ふと見ると対岸が真っ白で何も見えないレベルの大雨になっているようだったので雨雲レーダーで雲の動きを見るとすぐにこっちへ来るらしい・・・風向きと逆の動きをする雲!油断してたで!ってことで慌てて片付けて車へ。すぐに大粒の雨が降り出し、滝のような豪雨に。

ちょうど疲れて来ていたのでこれで終了ということにした。

今回の琵琶湖釣行まとめ

釣りは前情報に振り回されるべからず、状況が悪いという情報があったとしても場所によってはいい釣りできる可能性もあるので万全の体制で釣りへ行こう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブラックバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.