ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

管理釣りトラウト

開成水辺フォレストスプリングス攻略法とは?おすすめルアーと釣り方を紹介

投稿日:2013/05/06 更新日:

開成水辺フォレストスプリングス攻略
難易度が高く、なかなか釣れないことで有名な開成水辺フォレストスプリングスという小田原の管理釣り場の攻略法を紹介する。

この管理釣り場は養魚場直営の管理釣り場なので魚のコンディションが非常に良い。ガリガリの魚はほぼ皆無でみんなものすごい太ったパワフルな魚ばかり。

釣れる魚も多彩でサクラマスがたくさん釣れたりブルックがたくさん釣れたりするが太い60センチオーバーのニジマスの引きが味わえるのが一番の魅力。きれいな魚ばかりで食べても美味しい。


釣れない管理釣り場開成フォレストスプリング攻略法とは

この釣り堀ははっきり言って難しい。私が初めて行った時は昼から行って降雨で途中終了としたものの4時間ほどやって2人で3匹ほどしか釣れなかった。
友人が行った時は昼からやって終了時間までずっとやり続けて2人ボウズという悲劇だったらしい。

コンディションの良い魚はたくさんいるもののスレていて全然ルアーに食いつかず、釣れているのはまるでウキ釣りをしているかのようなフライアングラーのみ。これが開成フォレストスプリングスの現実なのである。

それでも私は20回以上この管理釣り場へ通い、釣れやすいルアーというものが段々わかり始めたのでそれをここで紹介したいと思う。

攻略法その一、ミノーを使え

ミノーで釣れたマス
まず、お勧めするのがミノー。この管理釣り場には天然のベイトフィッシュが侵入しているのでベイトがかなり豊富。5センチから10センチ程度のハヤなどが群れているのが目で見えると思う。

このベイトを食う魚が多いのでミノーが非常に有効な釣り場なのである。

下の池の護岸沿いにはブルックトラウトやブラウントラウトやイワナが多いのでダート幅の大きなミノーがおすすめ。

攻略法その2、クランクを使え


2つ目はクランク。

特にザンムなどの細長い系のクランクが特によく釣れる。水面を意識している午前中は竿をたてて表層を狙いたい。

水がクリアですれやすいので釣れるクランク(ザンムやシケーダーなど)色は最低でも3種類は必要。

スプーンで入れ食いも


基本的にスプーンがそれほど釣れる釣り場ではないが、ごくまれに大会用に大漁のニジマスが放流されるときがある。
その場合はスプーンで入れ食いが楽しめる。

遠投して池の中心付近まで飛ばすとよい。

時間帯がめっちゃ重要

富士山

朝一は結構釣れる。
この釣り場は昼間釣れない時はほんとに釣れない朝一がめっちゃ重要

あと夕暮れ時もめっちゃ重要

この管理釣り場は終わるのが結構早めなのでほんとに夕まずめの時間が短い。
どれだけ短期間にたくさん釣れるかが勝負!

池選びがめっちゃ重要

池は3つある。

上の池と小さな池と下の池。
どの池がいいか?

その時によって全然違うのでどこがいいとは言えないけれど上の池は水がクリアな時がある。
非常にルアーを見切られやすいので昼間は釣れないことが多い。

下の池は安定して濁ってる。

ただ実績的には上の池の方がよく釣れる。

どこも釣れない時は真ん中の小さい池。

場所(ポジション)も重要

フォレストスプリングスマップ
釣れる場所と釣れない場所がずいぶんと釣果が違ってくる。釣れる場所はかなり決まっていて、見ていると同じ場所ばかりが釣れている。

朝一から張り切って行く場合は釣り禁止のウッドデッキを狙える端っこの場所をとるといいと思う。

デカいマスが常にたまるので一番よく釣れる。

後は水車が狙える場所にはコンディションのいい魚が回ってくる。

上の池でおすすめは道路側のワンドのシャローエリア

参考開成フォレストスプリングス公式サイト

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

-管理釣りトラウト

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.