ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

タチウオ

タチウオ釣りは難しい・・・

投稿日:2011/12/01 更新日:

タチウオの画像
タチウオがいっぱい釣れているらしいのでちょっとニート仲間の友達と一緒に行ってきた。

タチウオというのはその名の通り刀のような細長い魚で白身魚。非常に美味で刺身、塩焼きなどになる。
関西地方ではこの時期堤防からエサやルアーで狙えるためそのおいしいターゲットを求め平日でも釣り場が満員になるほどの人気。

夕マズメのワンチャンス狙い。
タチウオという魚は群れで来るので時合に一気に釣りまくるのが重要。

今回のフィールドは神戸港。ショッピングモールモザイクの観覧車の見える公園。

ちょっと出発が遅れ18時に到着。
すでにエサ釣りの人は釣っている。すでに時合は開始されているということだ・・・。

はよ、用意せんと・・・。

バイブレーションから開始。バイブレーションで釣れれば簡単でいい。ニート仲間の友達は釣り2回目だから投げ方すらままならないし。

バイブレーションでは何も反応がない・・・。

ワインドか?
ワインドで攻めると足元で食いついた!乗らない!
難しい・・・ワインドで入れ食いっていう前情報を元に行ったのに!!

タチウオの活性はすさまじく足元でもボイルするほど。

エサでは結構連発で釣れている・・・。しょうがない。ワームだ。
ジグヘッドにエコギアのパワーワームミノーを装着しボイルに投げる。

めちゃくちゃ当たる!ガンガン食っているのがわかるものの・・・乗らない!!!

タチウオの難しいところは歯がものすごく、噛みつきはするものの針にかからないことが非常に多いのだ。

全然乗らないのでしょうがなくアシストフックをつける。アシストフックをつけるとバランスが悪くなるのであまりつけたくないのだが乗らないので仕方ない。
アタリは減ったもののまだ食ってくる。

足元で食ってきたので合わせると乗った!
でもばらした・・・。
まぁまぁサイズだったのに・・・。

この後もアタリはあるものの乗らない。そして徐々に周りの人も釣れなくなってきて、あたりゼロになった。

タチウオの時合は短い・・・。
この後は気配すら感じないまま20時に終了した。
タチウオは時合の前に準備してしっかり時合を釣りきることが一番重要なようだ・・・。

あと、時合の短いタチウオ釣りに最適なリグを発見したので紹介。

アラバマリグというらしいアメリカで大ブーム中の仕掛けで、この針金の先のスナップにルアーをつける。
一度に最大5匹のタチウオをゲットできる仕掛けである。
本来ワームをつけるらしいが全部に違うルアーつけても面白そう!
これで群れできたタチウオさんたちをまとめて効率よくゲットしてみてくださいw

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.