タチウオ 釣行記

秋の刀狩り!3本のタチウオを得たり!

投稿日:

どうも!カラオケに行くと大体とんぼを歌ってしまう釣活くんです。

最後にカラオケしたの多分数年前に行った二丁目のオカマバーじゃね?ってぐらい行ってないけど・・・。

今回も前回美味しい思いをした西宮ケーソンでタチウオを狙ってきたのでそのレポート。

スポンサーリンク

小雨降り出す午後5時過ぎ到着

釣り場の様子
前回とあまり変わらない時間からスタート。某釣具店の情報では今ひとつ調子が良く無さそうな今日の西宮・芦屋周辺の釣果。でも俺は釣り方を発見しとるから大丈夫じゃい!

釣り場に着くとかなり人が並んでいるのが見える。人が多いのか?でもまぁ俺のポイントは誰も入ってないだろう(微妙にやりづらいところなので)ってことで行ってみるとやっぱり雨の影響か一つ目の曲がり角付近は誰もいない。前回はここで釣っているのをみたので多分ここにもいるだろうということでとりあえずテトラが入ってないところで釣りを開始。

ナブラ発生

釣りを開始直後に足元に大量のカタクチイワシか何かの子供5センチぐらいが押し寄せてチャンスタイム到来。

沖の方では何かがボイルを初めてバシャバシャとナブラ状態になり始める。

これは釣れるだろってことで鉄板バイブを使うが反応なしなので前回活躍のシーバス用ジグヘッド仕様のワインドを試し、ナブラのところでバイト(かじること)!

当たったところに再度投げ同じくゆるゆるのワインド(スローワインドとか最近言われだした)でジャークしながら巻いているとゴンときたので思い切り合わせるとゴミのような引き。ゴミなのか?と思ったけど手前にきてから魚の引きになった。

ヒョイッとゲットしたのは指三本サイズのタチウオちゃん。これで晩酌用の刺し身ゲットや!もうほんと一本でも十分ありがたい。タチウオの刺身さえあればもう何もいらんと思うの、この頃。それぐらい美味すぎる。骨せんべいも死ぬほど美味いし酒がなんぼでも進むよね。
1本目のタチウオ
これで最低限の仕事が完了したのだがこれだけベイトフィッシュいるのにこれだけってことはないだろうとやるがボイルが消えてタチウオどっか行っちまったよ・・・。

何を投げてもアタリなしで暗くなってからはベイトも消えたので移動。

前回5本ゲットのポイントへ

前回あれだけ連発したんだから今回も一本ぐらいおるやろってことで行ってみる。

前いたおじさんがルアーを止めてエサ釣りしてたw前回は俺が5本釣っておじさん0本という悲しい感じだったのでルアー難しいと思ってエサ釣りにしたのかもしれない。

同じところで投げ始めるがアタリなし・・・。やっぱり毎回上手いこと行くわけ無いわ。釣りっちゅうもんは自然を相手にしとるかな。

でもまぁ今日はまだきてないだけでもうすぐ来るかもと思いながらしばらく当たり無しの中釣っているとかなり離れたところのエサ釣りおじさんがタチウオを上げ始める。そして段々と近くのおじさんが釣り始める。これは群れがこっちに来とるわ・・・。

そしてついに前回ルアーでゼロだったおじさんの浮きが沈む・・・。ただ一回目はスカ・・・。タチウオは中々針まで飲み込まないから難しい。おじさんの動向をチェックしながら前回活躍したパワーシャッドへ付け替えて投げる。

ついにおじさんタチウオゲット!これは結構活性高い群れが入ってきたなということで気合を入れるとゴン・・・と当たる。合わせても乗らなかったのでまた巻いていたら2回目のアタリがゴンと来たので思い切り合わせてヒット!

また指3本サイズが釣れた!

急いで外して次の魚を狙う。このポイントは結構足元でヒットが多いポイントなので足元まで気が抜けない。

また当たったのだがもうパワーシャッドがズッタズタでワームキーパーが限界らしく合わせるとワームがずれまくり2回めのバイトが取れなくなる。

しょうがないのでライトなワインドに変えてただ巻き。この日はジャークに全くアタリがなくふわ~っとしたタダ巻きしかアタリがなかったのでワインドも巻いて使った。

そして足元で根掛かりっぽいアタリ。多分誰もが根掛かりだと思う感触で前回も根掛かりだと思ったパターンのアタリだがこれはタチウオだと俺は知っている。ぶっといロープをひっかけてしまったかのような重いだけの引き・・・。ゴリゴリ巻くと急に元気に泳ぎ出してタチウオの引きになった。やっぱりタチウオやんと思いながらぶっこ抜いたら指3.5本ぐらいのサイズだった。

その後、急に足元でボイルが始まり、パーティーっぽくなってきたもののアタリは小さくなり乗らない。

ボイルの正体はおそらくタチウオではない。エサ釣りおじさんがボイル地点にぶち込んでも浮きは沈まないからだ。

ボイル的におそらくそんなに大きな魚ではないのでタチウオっぽいのだがワームにもエサにも反応がないということはセイゴとかの別の魚?とりあえずX-80jrをフォローで入れてみたが何のアタリもないので深追いしてもしょうがないと判断しここで終了とした。

ガチでボイルの正体をつかむために色々やればセイゴが釣れたかもしれないが俺はもう太刀魚の刺身と骨せんべいしか脳裏になかったので6時45分帰宅。
あとから釣った2本

今回のヒットルアー

by カエレバ

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。 この記事が気 ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

目次「ハゼクラ」とは?タックルについてハゼクラのロッドハゼクラ用のリールハゼクラ用のライン私のハゼクラタックルルアーについて腹のフックは無い方がいいかも時期によってはアシストフック必須ハゼクラでハゼを ...

4

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.