ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

タチウオ 釣行記

朝マズメ短時間タチウオ釣行

投稿日:

どうも!いよいよアメリカ大統領戦が明日に迫ってきましたね!次の大統領はどうなるのか?それは置いといて、今回はタチウオを狙いに西宮ケーソンに行ってきたのでそのレポートです。
ちなみに西宮ケーソンは最近やたら釣れているらしくこのブログのアクセス急上昇ページが「釣り場紹介シリーズ 西宮ケーソン」です。

朝4時起床にて出発

多分時合は日の出前後30分の1時間以内だと思うが一応4時に起きて原付きで出発。

実に寒い。防寒着は結構着たので大丈夫だけど顔面が寒すぎてネックウォーマーしとけばよかったと後悔。

西宮ケーソンに到着して歩いていくと結構人が多い。恐らく夜通しやってるエサ釣りの人達でこの季節夜は常に電気ウキが並ぶ。

暫く歩くと空いてたので釣り開始。カーブ手前ぐらいの堤防外向き。

真っ暗なので多分そんなに速い動きは食ってこないだろうと思いシャッドテールのワームをリトリーブさせる。ノーアクションではアタリが無いみたいなのでちょっと緩急をつけるとアタリあり。乗らなかったがかじられた感じがある。

隣のウキ釣りのおじさんにタチウオが連発するので恐らく群れがこのあたりにいるようだ。

アクションに反応がいいみたいなのでフラッシュJルミノーバのワインドに変更してしゃくるとさっきと同じようなところでアタリが来た。かなり沖のほうの中層付近。

ただ、尻尾の方を食ったらしく乗らない。やっぱりアシストフックはいるね・・・。絶対。

そんな感じで夜でも結構当たると思っていたら徐々に人が増え始め、明らかに2〜3人のスペースでしょってところに4人入ってくるのでちょっとたまらんと移動することにした。

カーブのテトラのところは誰もいなかったので釣り開始。

この場所にベイトが溜まっているようでざわざわしている。これだけベイトがいるなら大型魚も溜まってる?とおもったけど反応がない。さっきの場所のほうが当たったわってぐらい何も反応がない。ベイトだらけなのに。ベイトはカタクチイワシとサヨリらしい。

段々とテトラの上も人が増え始め明るくなり始める

西宮ケーソン
そしてワインドにアタリが増え始め、釣れるのが時間の問題になってきた時、メインラインをぶっちぎられる。ワイヤーリーダーは使っていたがワイヤーとか関係なくメインラインを切られる。何故か?これは前テレビでやっていたのだがPEラインに入っている1mごとに入っている印の白いマーカーをエサだと思って食ってくるらしい。

メインラインやられてワインドをワイヤーリーダーごとなくし、よく考えたらワイヤーリーダー1本しか持ってきてなかったというミス。その後普通に4号のリーダーを2回も切られて(これはルアーに食ってきてた)マジ消耗戦・・・。

かなり明るくなってあちこちでボイルが発生。どうもタチウオとサゴシがボイルしているようだ。ただ、それほどアタリが多いわけでもない。入れ食いになってもいい感じではあるがルアーへの反応はそれほどでもない。周りのルアーマンもぼちぼち程度にしか釣れていない。

こうなったら鉄板か?と思い投げまくるが別にそういうわけでもない。アタリなし。

それでも投げ続けると着水と同時に食ったようで巻き始めるとグググ!とヒット。絞り込むような引きに耐えるとすぐに引きがなくなりタチウオらしい引きに。途中ちょっと抵抗があり楽しめたが指3本サイズのタチウオでした。
タチウオ写真

その後もボイルは足元やら沖やらあちこちであるが中々ヒットに結びつかず。

周りの人を見ているとカーブよりも灯台側の人の方がよくあげているような気がする。サゴシも何匹か上がっているようだった。

私の周辺は隣の人が2〜3本って感じでいまいち。ベイトは多いがベイトが多すぎるのも逆にルアーへの反応が悪くなってしまっているような・・・。

6時30分をすぎるとボイルも減って水面がかなり静かになったのでここで終了とした。どうやら今の時期の時合は5時30分〜6時30分ぐらいっぽいので次回はその時間を狙って芦屋浜あたりに行ってみようかと思う。

朝の短時間フィッシング、出勤前にいかがだろうか?

本日のヒットルアー

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.