インプレッション ショッピング 必要知識

裂けたワームを再生させてみた

投稿日:

釣活やってみたシリーズ!

今回は釣りをしていて裂けちゃったワームを再生してみたのでそのレポート。

裂けただけで捨てるなんてもったいない

私の場合セレブな人々とは違い一度使ったワームでも完全に使用不可能になるまで繰り返して使う。ただ、やっぱり何匹か釣っていると頭の部分が裂けたりフックが刺さっていた部分が裂けたりする。

通常そこまで使ったらさすがに諦めて捨ててしまうのだが私の大好きなスウィーパースティックミニのように簡単には手に入らないワームの場合裂けていても再生させて出来る限り一回でも長く使いたいわけである。

そんな時に使える商品がこちら↓
リペアボンド
フィッシングマックスなら630円で買えるリペアボンドという商品。

この商品はキャップにハケが付いていてマニキュアみたいな感じで液を塗ることが出来る。

裂けたワーム
ワームの裂けた部分に塗りこむとワームが液によってちょっと溶けて、それを上手くくっ付けて乾くのを待つ。するといい感じにくっつく。

完全に元通りとまでは行かないが上手く使えばあと3匹は釣れるんじゃなかろうか?と思えるぐらいの強度。希少性の高いワームや高級なワームを一度でも長く使いたいなら使わない手はないだろう。

ちなみに完全にちぎれたワームをくっつけようとしてみたが無理でした・・・。
ちぎれたワーム
こうなったら諦めて処分するしかなさそうだ。

リペアボンドをナチュラムで購入
icon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。 この記事が気 ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

目次「ハゼクラ」とは?タックルについてハゼクラのロッドハゼクラ用のリールハゼクラ用のライン私のハゼクラタックルルアーについて腹のフックは無い方がいいかも時期によってはアシストフック必須ハゼクラでハゼを ...

4

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

-インプレッション, ショッピング, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.