ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ショッピング 必要知識

え?こんなこともやってたの?釣具屋の意外なサービス紹介

投稿日:2014/06/08 更新日:

初心者の方やあまり釣具店に行かない人は知らないかもしれないので釣具店でやっているサービスをご紹介する。
やってない店もあるかもしれないが大型の釣り具チェーンではやってる所が多いであろうサービスなので一応店員さんに聞いてみるといいかもしれない。

1.お取り寄せ

普通のことだと思うがお取り寄せが可能。カタログも店に通常は全メーカー揃っているので気軽に店員に聞いてみるといいだろう。廃盤だったりしてもチェーン店の場合他の店に在庫が無いか親身になって調べてくれるのでおすすめである。
ちなみに、中々手に入らない人気ロッドなどは店の在庫として欲しくても入荷しない場合があるが客注だと言うと他の店から回してもらって自分の店の売り上げになるので店員さんは実はお客さんからのお取り寄せを待ち望んでます。

2.糸巻き

糸を買うと自分のリールに糸を巻いてもらえます。下糸が必要なときは店にある下巻きラインもサービスで巻いてもらえます。
ただし、店員さんによってはあまり糸巻きをやったことの無い若い人とかがたまにいて完璧に失敗して100メートルのうち30メートルぐらいダメにしてしまったりするので自分で出来る人は自分でやった方がいいです。
私も釣具店員だったころ何回かやっちまいました・・・。めっちゃ怒られました・・・。
ただ、船用の水深をちゃんと測れるようなリールだと自分では厳しいので店員さんに任せることになるでしょう。シーボーグの800番とかは出来れば船専門のスタッフに頼んだ方が良いかもしれません。。

3.取り置き

欲しい釣り具を発見した時に手持ちが足りなかった時などには取り置きしてもらえます。大体2ヶ月くらいは置いといてくれます。ちなみに店員さんもこっそり取り置きコーナーに欲しかった商品が入荷して来た時に取り置きしています。店員さんと仲良くなると欲しい商品が入荷して来たら取り置きしてくれたりするかもしれませんw

4.ロッド修理

ロッドの先っちょが折れた場合、メーカー修理だとブランクス交換になりかなり時間もかかるし、保証期間でなかったらお金も相当かかる・・・。だが、釣具店にある修理パーツがその竿に合えばその場で5分ほどで修理可能。しかもパーツ代のみでだ。(店によるかもしれません)ルアーロッドに磯用のトップガイドつけられたりする可能性も捨てきれないがどうしてもすぐに直したい時などはこういうサービスを利用してもいいだろう。

以上、知ってる人は知っている知らない人は是非利用したいサービスを紹介してみた。
釣り情報とかも釣具屋ならではのいろんな情報を知っているので気軽に話しかけてみるといいだろう。
今はネットでも色々と釣り具が変えてしまう便利な時代なのだが釣具屋へ行くと色々お得ですよという話でした♪

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-ショッピング, 必要知識
-, , ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.