ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

多摩川シーバスフィッシングの季節

投稿日:2008/10/14 更新日:

多摩川下流域
晴れ時々曇り
26度
セイゴちゃん1ゲット(バラシ3、バイト5くらい)
16時20分~21時50分
大潮
タックル:シーホーク84L ツインパワー3000MG
ライン:シーバスPE 1号 リーダー:シーガーグランドマックス2号

と言うわけで前回の釣り日記は多摩川でしたw

2日連続のシーバスフィッシングとなったがやはり釣れるときに釣っておかなくてどうする!って思うので無理してでも行くことに。
実は鼻炎がひどく薬で抑えて行った。

今回は昨日、用事で参加できなかったワッキーと2人で行ってきた。イッシーは今日用事があるのでパス。

下げていれば釣れるだろうと思いながら開始したが明るいうちは全く反応が無く、暗くなるのを待った。
明るいうちにワッキーはウグイをバイブレーションでゲットと言う快挙を成し遂げ、ボウズを免れていた。

暗くなっても昨日とは違いジャークに反応が無い。

ボイルもかなり減って釣れなさそうな感じである。

でも、ワッキーが釣る!

マーゲーと言うシャッドルアーで連続ゲット。

俺も釣りたかったがマーゲーの泳層を通せるルアーが全く無い。
なぜなら前日の状況を踏まえ、表層系のルアーとジャークベイトだらけの偏ったルアーセレクトをしてしまったからだ。

しょうがないのでビーフリーズの小さい奴を投げる。

釣れた。小さい・・・。こんなの赤ちゃんだ・・・。

この後はしばらくあたりが無く、状況もどんどん沈静化していくので気分転換に移動。

昔、よく釣れた場所。
いつの間にかテトラが入っている。
昔あった杭とかが埋もれていて足場もテトラはやりづらいのでやっぱり元の場所へ戻る。

人が全然いなくなってしまっていた。

つれなくなったのか?と思ったけど1投目でビーフリに50センチくらいのシーバスが食らいついた!!
よっしゃ!と思ったのだがジャンプ一発でバラシタ・・・。

その瞬間隣でワッキーがまた釣っている。

これはばらした様だ。

でも群れの活性が上がっているようですごいバイトの数!
なぜか乗らない・・・。

よく見ると針が踏み潰されていてグニャグニャだ!早く気付いていれば釣れていたのに・・・。

そして針を交換して投げたらちぎれて飛んでいった・・・。
実はすでにソルティーダーティストとX-80も同じように飛んでいってしまって最後のシンキングミノーだったのだ。
これは確実にランカーを釣った人間に訪れる呪いだ・・・。

フローティングミノーに変えてやると当たるがやはりレンジが違うのでバイトが浅すぎる。すぐに外される。

で、ワッキーが70センチをゲット。

コンディションがよくすごく太ったいい魚体の魚だった。

と言うわけで今日の主役は完全にワッキーで俺は死んでいた・・・。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2023 AllRights Reserved.