シーバス

近所の運河にてシーバスの秋、開始

投稿日:

シルバーウィークの三連休ということで海はどこへ行っても人がいっぱい…。タチウオも釣れ始めて神戸港周辺の釣り場は釣り人だらけになっている。

ぶっちゃけ人が多い釣り場ってストレス溜まりまくりなので今回は私のような釣りマニアしかこない尼崎のドブ川(運河)で釣りをすることにした。

スポンサーリンク

近所に良い釣り場があって幸せ

神戸港の魚影の濃さは素晴らしいし、水のきれいさでいうと都市としては相当素晴らしいレベル。ブラタモリで言っていたが神戸港には大きな流入河川が無いので水が綺麗なのだとか。確かに尼崎や大阪は武庫川、神崎川、淀川と大都市やベッドタウンを通るのでそれなりに汚れがちである。

ただ、尼崎周辺は食わない魚を釣る分には十分良い釣り場が揃っていて、武庫川河口はチヌだらけだし、シーバスもちょいちょい群れで入ってくるし、ハゼとかサヨリとかかなり釣れる。

神戸港まで混雑する道を通って通わなくてもいい環境最高!ってことで早速夕方からドブ川の河口へチニングへ。この時期は魚影が薄くなりがちだがまだちょっとぐらいは残っとるやろうという目論見で行ってみた。

結果から言うと2バラシ。1匹目はそこそこいいサイズでドラグも出したのだが掛かりが悪くて為す術なくバラシという感じ。2匹目は明らかにチビレサイズで適当にやり取りしてたらあっけなく外れた感じ。

チニングはアタリも少ないし、食いも渋い感じなのでしばらくはお休みでいいと思う。

シーバスポイントへ移動

もう10年ぐらい通っている私の周辺の人間以外誰も来ないであろうとっておきの秘密ポイント(尼崎の運河)へ移動する。

今回も案の定誰一人おらず早速釣り開始。タックルはバス用の巻物タックル。運河なので飛距離も不要でピンポイントの狙いやすいベイトタックルをチョイスした。

潮はちょうど流れ始めた感じで浮遊ゴミが流れてきている。

風はなく、それほど雰囲気は良くないような気がする。ベイトもざわざわしてないしなんかまだ時合じゃないのかな?と思いつつ明暗の境目を打っていくと明るいところから暗いところへビーフリーズを通した瞬間ゴン!という明確なバイト!

乗ってないかな?と思ったけど乗ってました。そしてヘッドシェイクで即バラシ!

ちょっとドラグ緩めすぎて掛かりが浅かったような気がするのでちょっとドラグをキツめにして同じような場所を攻める。ミスキャスト気味で来ないだろうなと思いながら巻いていると同じような場所でまたゴン!と来てヒット!

ドラグキツめなのでガッツリかかって全く外れそうもない掛かり方になったように見えた。サイズも大したことないので即ランディングでいいかなと思ったが、急に走り出し、キツめのドラグを思い切り引き出して突っ込みまくる。

サイズ大したことないのにそんな引く??って感じのびっくりな元気さで結構潜ったまま上がってこないし、上がってきてもまた突っ込むを繰り返すが特に障害物がある場所でもないのでゆっくり弱らせてネットイン。

運河のシーバスイメージ

サイズを測るも55センチとやっぱりそんな大したこともないサイズ。なのに引きはマジでいい引きという秋シーバス特有の面白さを存分に味わえた。

このあとは何度か多分小さいシーバスのアタリがあっただけで釣れそうな雰囲気も特に高まらないので終了。一匹釣れて充分満足な釣りだった。

人の多い場所での釣りで消耗したら近所のドブ川で誰もいないマイスポットを探してみるのもおすすめです。

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.