ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

深夜の多摩川釣行は一瞬の時合

投稿日:2009/11/15 更新日:

多摩川下流地域

晴れ

20度

シーバス・0ゲット

22時半~25時

中潮

タックル:ロッド・シーホーク、リール・ツインパワーMG

ライン:シーバスPE1号/リーダー:L-ハード4号

雨が何日か続いてシーバスの活性が上がっているかもしないと微かな希望を胸に多摩川へ行ってみた。

下げは今年全くだめで、そこりの時間帯で70アップ2本と言うのが今年最高釣果なので干潮を狙ってきた。

開始時は完全にそこで、まだ若干下げている。

ベイトは足元付近には見当たらず、ボイルも何も無い。

でも、やはり雨上がりのチャンスと言うことで人はかなり多かった。

ワームから投げると言う必釣パターンで攻めることにした。これは必ずいるという状況でピンスポットを攻める場合に余計なプレッシャーをかけないパターン。下手にプレッシャーをかけると釣れる魚も釣れなくなる。

ただ、一投目で根掛り。

もう干潮なので浅すぎるのだ。なので、トップ。

無反応。

ミノー。

無反応。

・・・

シンキングペンシル・・・。

もちろん無反応。

・・・・

そして潮が上げ始める。

でも多摩川って上げていても表層は下流の方へ流れてほとんど潮は動かない状況になるんだね。

で、こんな状況で時合到来。

隣の釣り人が60くらいのシーバスをゲットし、対岸の釣り人がサイズ不明だがまぁまぁファイトしていた。

チャンスタイム!

と言うわけで一番信頼の置けるルアーX-80を投げまくるのだが全くノーバイト・・・。

それからもノーバイトが続き時合も終わったのか誰も釣れなくなっている。

一瞬だった・・・。

本当に今年の多摩川は最悪だった・・・。

来週はもう坊主は嫌なので管理釣り場行きます・・・。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.