ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス

クラゲの下からシーバスゲット

投稿日:2009/05/31 更新日:

新木場エリア
曇りのち雨
27度
シーバス・1ゲット
11時~15時
小潮・満潮~下げ
タックル:シーホーク84L ツインパワー3000MG
ライン:シーバスPE 1号 リーダー:スーパーEX4号

最近シーバス全く釣ってないので行って来た。

新木場の運河はクラゲにまみれていた・・・。

運河に漂う水クラゲの大群

何だこのクラゲの量は???

プランクトンが大発生してそれを食べて大増殖?環境破壊が影響しているような気もするがとりあえず釣り開始。

クラゲは実はシーバス釣りに取ってはそれほど悪い影響はなくて、水面をさえぎる浮遊物として存在するためクリアな水質の時にはプレッシャーを下げてくれるストラクチャーとしてプラスに作用する。

でも、ルアーを巻くには巻きづらい。もうなんか毎回重い・・・。

場所をちょいちょい移動しながら釣り続けると潮が変わった。
現地に着いたときにはまだ満潮直後の潮どまりだったのだが、ここからだらだらとした小潮の下げが始まり、クリアな潮が段々とにごった潮に混ざり始める。

足元をアカエイがちょくちょく通る。10分に一回くらい通る・・・。これひっかけたら大変だなぁ・・・。まだ釣ったことないけど怖い。

普通の水クラゲに混ざって赤クラゲが流れてきた。

赤クラゲはラッキークラゲ

実はこのクラゲはラッキークラゲでこれを見ると釣れる確率が7割くらいに跳ね上がる。CR海物語の魚群リーチくらい熱いシュチュエーションなのだ。自分の中のオカルトなのだが結構有名なジンクスです。

でもルアーには何のアタリもなく、ボラは跳ねつづけている・・・。

ボラの大群が前を横切ったのだがこの群れの中にアルビノのボラがいた。今まで変な病気によって体が白くなったボラはよく見たがこんな綺麗な真っ白のボラははじめて見た。なんだかラッキーな気分。

でしばらくしてついにヒット!!

小さかったけどよく引くシーバス

レンジバイブでゲットした。

このあとはワームに変えてもワインドにしても、ミノーのトウィッチをしても反応なし・・・。徐々に雨が激しくなってきたので終了した。

劇熱予告連発な日にはやっぱりゲットできるということがわかったw
byパチンコファン

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.