ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

メバリング

穴釣り再び!あの穴にまだ魚がいるのか?

投稿日:2015/05/21 更新日:

前回2週間ほど前に穴釣りに行き、超絶楽しい釣りができたのだが今もまだいるのか?と気になり軽く晩御飯を調達しに行くことに。

ちょっとエギングしてみる

今神戸では春イカがピークで昨日も今日も巨大サイズがキャッチされている。
5/20 平磯海づり公園で1.5キロ
5/21 須磨海づり公園で2.8キロ

もしかしたら神戸港も須磨とか近いしなんか釣れるんじゃないかと言うことで試しにエギを投げてみる。
まぁ天気も良くて真っ昼間なのであまり期待していなかったがすぐに根掛かりしてテンション下がったので終了。
もちろんアタリも気配も特に無し。

ただ、ベイトフィッシュがたくさんいてメバルの子供のようなのとかイワシなんかが水中にかなり見えた。

これは穴釣りも期待できるぞ。ということで前回の穴へ。

スーパー入れ食い穴再び!

今回も前回と同じ穴に行ってみる。前回釣りきった感はなく終了しておいたのでまだいるはず。

今回はエギングタックルで穴を攻める。ラインは2号のフロロを使う。
穴の魚の活性さえ高ければかなり太いラインでも全く問題なくワームをひったくっていくが2グラムのジグヘッドの操作性のことを考えると2号程度が限界の太さに感じる。

早速お目当ての穴に前回と同様のワームを落としこむ。
底まで落としこむと最初は特に何もアクションさせずにちょっと様子を見る。反応がないのでシャクって誘い食わせの間を与えると何かがヒット!

やっぱりおったね。
チビムラソイ
最初はムラソイくんを軽くゲット。小さいのでさっとリリースしてキープサイズを狙う。

次の魚もすぐ釣れた。ガシラ。唐揚げにするのでキープ。次もガシラゲット。3投で3ゲット。どんだけ魚影がひしめき合ってる穴やねん!
ガシラ入れ食い

アベレージのメバル
その次はメバル。ほんとに期待を裏切らない入れ食いっぷり。

で、この魚でちょっと反応が無くなる。多分穴の中のいい場所にいた魚を全部釣ってしまったのでもっと穴の奥の魚がポジションを変えて出て来るまでしばらく場所を休ませてみる。

近くのしょぼい穴を打って小物を狙ってみる。

チビならどの穴でもいるだろうと思い適当にあまり居そうでもない穴に落としてみる。

グググ!乗らない。
どうせチビがしっぽを咥えて持っていっただけだろうと思ったが一応ヒットするかもしれないのでもう一度落としこむ。

グン!思い切り持っていく。引き的にナイスサイズ。無理やり引きずりだしてゲットしたのが20センチオーバーのグッドサイズメバル。
20センチオーバーのメバル
親玉かな?にしてはなんかショボイ穴におったな。と思いながら隣の穴を狙ってみる。

隣の穴のほうが奥行きがあっていかにも居そうな穴だった。

一番奥に送り込んで普通に巻いてくるとゴン!グイグイ!と明らかにデカイ何かがヒット!ラインは弱く無いので強引にゴリ巻きで潜られる前に抜きあげる。
ナイスサイズのメバル
同じサイズのメバルゲット!親玉かと思ったのに2連チャンで釣れるとかこれがアベレージ???
と思ったけど現実はそんなに甘くなくてしばらくその周辺を探ったが特に何も釣れず、休ませておいたスーパー入れ食い穴に戻る。

回ってきたかな?とワームを落としこむとグイグイ!ガシラゲット!
やっぱり休ませると回ってくるという仮説は正しかった。多分ものすごい潮とかベイトとかの条件が整った最高の立地条件なのだろう。

1時間足らずだったが一気に8匹ほどキープしたので袋がパンパンになってきて晩飯はもういいやってことで兵庫突堤でのんびり投釣りをすることにした。
キスが釣れているらしい。

兵庫突堤へ

前回と同じパターンだが今回はフィッシングヒカリでジャリメ(石ゴカイ)を仕入れてガチの投げ釣り。

17時まで投げ釣りをしたが結局チビハゼ3匹とアブシン1匹ゲットで終了・・・。
アブシン画像
なんか全然ダメダメだった。やっぱり朝マズメとか夕まずめを絡ませないといい釣りは出来ないのかも。。。
周りではカタクチイワシがずっと回遊していておじさんが無限に釣り続けていた。サビキ以外の人に釣れている気配は特になかった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.