ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

メバリング 旅行 釣行記

【四国遠征】今治で夜釣りはメバル入れ食い【釣旅】

投稿日:

どうも!釣活くんです。

今回は四国遠征シリーズ、メバリング編です。

今治まで移動

前回のシーバス編で書いたが手を怪我して夕まずめ終了となったので夜釣りはとりあえず今治辺りまで移動してメバリングしてみようと言うことにした。

道沿いに美味そうな店があれば入って食おうと下道で行ったのだけど特に美味そうな店がなく、結局とりの助というラーメンチェーン店へ。唐揚げが美味かった!

釣り場には21時ぐらいに到着。下道で行くと結構時間がかかる・・・。広いね愛媛県。

場所は日本食研の宮殿工場があるところ

別に宮殿工場を見たかったというわけではないのだが結果的に宮殿工場を生で見ることが出来て圧倒された・・・。マジでこれが工場なのかよ・・・って感じだった。
宮殿工場をGoogle検索

この時間帯すでに雨が降り始めていたが雨雲レーダーを見ているとすぐ止む感じだったのでライトゲームタックルを用意して釣り場へゴー。

ゴロタ場でメバペンを投げる。四国のメバルと言えばプラッキングで釣るのが当たり前というイメージからメバペンを投げまくるが当たるものの乗らない。移動しながらやっても当たらなくなる。周りには4〜5人のメバリングアングラーがいて釣れているのかはちょっとよくわからない。

明るいところへ行ってみると集魚灯を炊きまくる人々が。

何を狙っているのか横で見ていると何かを網ですくっている。どうやらイカのようだ。

灯りに集まってきたスルメイカを網ですくう漁を行っている人が何人もいる。取れたイカに針をつけて灯りの中心におとりとして泳がせるらしい。所変われば釣り方も色々あるもんだ。

他には普通にウキを使ったエサ釣り何かの人もいるがあまり調子は良くないとのことだ。

ライトエギングのエギがあればスルメを狙ってみても良かったのだが全く用意を持ってきていなかったためメバルに集中することにした。

メバル入れ食いに!

イカ漁の場所では特に当たりがなくイカ漁のライトのところを見ているとどうもバチが泳いでいるみたいなのでメバペンをワームに切り替える。

神戸でも好調だったアルテミアをつかい最初当たりのあったゴロタ場へ行って投げてみるとすぐ釣れる。

メバルはプラッキングじゃなくてワームでやるもんだわって感じでアタリ連発しまくり入れ食いに次ぐ入れ食い。満潮からの下げのタイミングで時合というのもあったと思うが凄まじい釣れ方で久々にこんなにかんたんにメバリングやったわって感じの釣れ方だった。

(やらかした傷口には絆創膏w)

最初の方は20センチぐらいの良型も混ざる感じで釣れまくったが20匹ぐらい釣ってこれだったらワームじゃなくてトラウト用に作ったおゆまるのスプーンも釣れるんじゃない?と実験して全然釣れなくなる。

やっぱりスプーンじゃ釣れんのか?としばらく続けるとやっとヒット!慎重にやり取りしたつもりだが足元でバラす・・・。いいサイズだったのに。。。

そしてそのあとおゆまるスプーンは根がかって死亡し、ミノーにしてみたり色々やってると潮位が一気に下がり魚の居場所が変わったような感じになる。

ワームに戻してやってみてもサイズが極小しか釣れなくなったため終了。

次の日の朝まずめにマゴチかヒラメを狙ってみることにして車中泊することにした。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-メバリング, 旅行, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.