ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ルアー

片瀬川でミニシーバスをゲットン♪

投稿日:2009/08/09 更新日:

後輩の結婚式に釣竿を持参し、2次会後、片瀬江ノ島まで移動し、徹夜で釣りをしてきた。

本当はチヌ狙いでやったのだが底は全くバイトが無い・・・。

中層で小さなバイトが有るものの単発過ぎる・・・。

一緒に行ったイッシー(結婚式参列)はプラグでシーバス狙い。

同じく全くアタリが無いとのこと。ボラのスレはいっぱいらしい。

ライトが一番当たるエリア。

ここで釣れなきゃ他で釣れる気はしない・・・。

2時くらいまで1グラムのメバル用ジグヘッドにサンドワームと言う究極のセコ釣りで攻めるがアタリが無い。

ちょっと移動して橋の上流側に。

ここではちょっとしたプチボイルみたいなのが起きていた。

期待を持ってワームを投入し巻くと、、、

足元でヒット!

ゴツンと持っていった。

小気味のいいミニフィッシュの引き。

さて、チヌかな?セイゴかな?

とあげようと思ったが目の前の船のロープに引っかかりそうだったのでそれを避けているとバレタ・・・。

まぁいることがわかったので釣れるのは時間の問題だv

その5分後くらいにセイゴちゃんゲットン♪(ユッキーナ風で)

ガルプサンドワームは最強

ガルプサンドワームは最強

ミニフィッシュ釣りはたまに真剣にやると結構楽しい。

小さいくせにナイススポットを通さないとバイトしない。

しばらくアタリが続いたが後輩が15センチくらいのをばらしたことでちょっと渋くなった。

場所を橋の下流に変えてみて狙うと違うアタリ。

もぞもぞと引くがあわせても乗らない。

なんだろう??

足元には80センチくらいのダツがウロウロしているがワームには反応しないようだ。

再び上流に戻り、ワームを通すとまたあのもぞもぞしたアタリ。

あわせずに飲ますことにし、リトリーブをさらにスローにすると持っていった。

上がってきたのがこいつ・・・。

フグ画像

夏場の雑魚釣りに付き物のフグ。

ワームがかじられるのでこいつは厄介・・・。

そうこうしていると潮が満ちてきて、うねりも伴い、波が足元まで来るようになり、これは危険と移動した。

移動してもこの川の河口では釣れる気がしないので他の場所へ。

そこはもっと危険な場所で革靴なのに思い切り水をかぶるので終了。

この時点で朝4時。

疲れきった・・・。

もう結婚式の後で釣りとかはしないと決めた2009年の夏だった。

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

-ルアー
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.