ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

チヌ大挙!川がチヌだらけだが釣れん!

投稿日:

雨が降って濁りが入って釣りやすくなったかなと思って近所の武庫川へ行ってみた。

夕マズメ、ポイントに入ると濁りがいい感じでゴミもそれほど多くなく問題なく釣りできそうな感じだったのでこれは釣れるだろと釣り開始。

隣でエサ釣りしてるおじさんはすぐにチビレをゲットしてた。

準備して新発売のアーバンクローラーを使ってみる。

投げてすぐアタリ。でもチビレっぽいので持っていくのを待つ。

持っていったタイミングで合わせたらちょっといい引き。でもすぐ寄ってきて抜き上げ出来たのが大きめのチビレ。

やはり爆釣?と思いながらまた同じ場所へ投げるとまたアタリ。持っていったところで合わせたらチビレよりいい引き。でもでかい感じではない。

中々の抵抗でネットを使ってゲットしたのが小さめのマチヌ。

非常にきれいな魚体だった。

2投で2匹小さいなながらチヌゲットでアーバンクローラーすごすぎるやろと思ったがその後はチビレの猛攻で全然乗らなくなり、移動を繰り返すがいるのに食わない感じでショートバイトばっかり…。噛み跡を見てもでかい魚っぽいが頭の辺しか食って無くて丸呑みしていない。なんかが違うっぽくてずっとそんなバイトに悩まされて終了。

チヌトップは厳しい

ちょっと時間を読み違って潮が引きすぎている時間帯に行っちゃったのがダメだったのだがチヌが絨毯状態になっているにも関わらず出ない。

ひたすら出る場所を探して歩くとやっと後ろを追尾してくる魚を発見。同じ魚を狙って2投目…ここぞというところでボゴん!!!と思い切りいい感じで出た!
が、かからず…。

サイズ的にかなりいい感じだったと思われたが乗らなきゃどうしようもない。

その後も諦め悪く浅すぎる釣り場で投げまくったが釣れる気がしなくなってきたのでボトムを狙う。

チヌはたくさんいるが見えているのは一切食ってこないしラインを見るだけで逃げる。日曜日の朝で休みということでお散歩してる人やランニングしている人がたくさんいてみんなお魚大好きだから水面を覗きながら岸際ギリギリを歩いたり走ったりしていてチヌに無茶苦茶プレッシャーかかりまくっているように感じる…。

この後も特に釣れる気配なく終了とした。

いい季節になったがその分人が増えてやりにくくなった…トップで狙うなら朝イチのプレッシャーがかかっていない時間帯を狙うか超遠距離狙いでプレッシャーのかかっていない沖の魚を狙う方が良いだろう。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.