ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

初秋のチヌトップでナイスサイズゲット!

投稿日:

初秋のチヌトップでナイスサイズゲット!
すっかり秋っぽい空気になって釣り日和な金曜日。平日だけど8月から金曜日は休みなのでチヌ釣りに行ってきた。

堰は全開…

武庫川の下流の定番釣りスポットといえば可動堰なのだが落ち込みのところに溜まる魚を狙おうと行ってみるが全開状態で魚が溜まる状態になっていない…。
夏場は溶存酸素が上がるこのエリアに大量にチヌが溜まっていて釣り放題だったのにもう砂も溜まって今年はダメだろう。

諦めてちょっと下流へ。
やはり平日は人が少なくて釣りがしやすい。
何人かは釣りをしている人がいたが特にポイントが攻められないということもなく釣り開始。

ペンシルベイトでやってみるが風がありアピール力が足りないかもとシャワーブローズに変更。しばらくやってもなんの反応もないので移動。

水は少し濁っていたが昼なのでちょっと地味な色のほうがいいのか?と黒っぽいペンシルに変更。

しばらくやると追ってくるのが見えた。これはペンシルかもしれないとかなり頑張ってやってみたが出ない。

何かが噛み合っていない感じがする。魚は見えているし、風もあって濁りもあり流れもある。ベイトもいてトップで釣れる条件はすべてあっていると思うのだが何かが足らない。

こういう釣れる気がする時っていうのはただ単にタイミングが合っていないだけの場合もあり、全然ルアーに反応しなかった魚が急にスイッチが入ってガンガン食ってくることもある。
雰囲気的に釣れる気のする日だったのでひたすら頑張ることにしてルアーを投げまくる。

そしたらやっとペンシルの後ろにもわっと出たのでダイブを入れてアピールしたらバシャ!と出た。
だが乗らず。

次の一投でも同じ魚か同じ場所で出たが乗らない。

なんかむずい!
このあとも追跡してくる魚は見えるのだが出ないし、出ても乗らない…。

もうPOP−XしかないといつものPOP−Xに付け替える。今年よく考えたらPOPXでしかチヌトップ釣っていないような気もする…それぐらい信頼を置いていてこいつで釣れなきゃ諦めようと言うつもりで投げまくる。

しばらく反応がなかったがPOP−Xでも追跡する魚が見え始め、ついに出た!でかいボラの死骸が流れてきてそっちに気を取られまくってる時だったので完全に不意打ちだったが乗せることに成功。

無茶苦茶いい引きの魚で沖に泳ぎまくる。ドラグ出しまくってどこに行く!ってぐらい引きまくったがやっと足元まで寄せてきてかなりナイスサイズのキビレだと確認出来たが一気にここで最後のダッシュ!そのままルアーが外れて泳ぎ去ってしまった…。

なんか最近ガッツリかけてもバラす事が多いな!ってがっかりしながら次の魚を狙う。

始めて2時間以上経ったこの時間からやっとタイミングが合ったようで魚の追いが良くなった。
これは釣れるだろうと思いながら投げると思い切り出る!でも乗らない!乗りそうな出方やったのに!

となんか激アツリーチが続く当たり直前のパチンコ台に座ってる気分だったが予想通り完璧な食い方で食ってきてヒット!

明らかにでかくていい魚だったのだが先程のキビレほどは引かず、すんなりキャッチ。サイズは50センチには足りないというかなりいいサイズだった。

釣り場についていきなり出てゲットしちゃうとか誰が投げてもいれぐいみたいな状況も楽しいが満足度でいうとこういうなかなか結果が出なくて粘りに粘ってひねり出したナイスサイズの価値ある一匹は満足度が半端ない。

ということで1匹釣れて満足したのと喉が乾いて死にそうになってきたので終了とした。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2021 AllRights Reserved.