釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

チヌだらけ!トップに出まくり!釣れたのは…

投稿日:2019/09/14 更新日:

チヌだらけ!トップに出まくり!釣れたのは…

朝、ツイッターを見ているとチヌが近所で釣れまくってるようだったので土曜日の午前という、いつもなら競馬新聞を読んでまったりしている時間帯に久しぶりに釣りに行ってみることにした。

ボラ大量発生!

いつものエリアに行ってみるとボラがものすごい量発生している。偏光サングラスで確認すると巨大なボラが恐ろしい数いるのが見える。ベイトとなりそうなイナッコも結構いる。

肝心のチヌもちらほら見えるけど明らかにやる気のないフラフラした泳ぎ方。トップを投げてものっそり近づく感じで食ってくることはなかった。完全に時合を逃している感じしかしない。

ただ、ちょっと場所が悪すぎると感じ、移動しながら釣っていくことにした。

場所を変えると水の色が変わり、結構濁りが入っている。これならチャンスあるかな?と思いつつルアーを投げるがかわいい子供のふぐが追いかけてくるのみ!

チヌはどこだ!とひたすら歩いていくと浅いところにチヌが大量にいるのが見えた。
チヌが大量にいるのが見えた

しかしほぼ食い気のない状況でルアーを見ても逃げていくものばかり…。隣で釣りをしていた人がトップでなんか小さめの魚を釣っているようだった。ツバス?川なのに?と思いながらトップを投げているとチヌではなさそうな魚のバイトが!

やっとトップで出たと嬉しくなったが明らかにチヌではない何かが一瞬かかってバレた。なんだろう?小さそうだったが…。

その後もとにかく足を使って食い気のあるチヌに当たらないかとひたすら投げ続ける。ルアーは色々試した結果サミー65が良さそうだったのでこれを投げ続ける。

かなり歩いたところで水面割れる!出た!と思ったが乗らず…黒鯛もトップに出るのがわかった。なぜ出るやつと出ないやつがいるのかと言うとエリアの違いらしい。出たところを見ると小さな魚がうじゃうじゃいる。

この投稿をInstagramで見る

魚がいっぱいいたよ。 #クロダイ釣れず #2回バラシ

Taichi Nakaharaさん(@tsurikatsu)がシェアした投稿 -


どうもヒイラギの子供もような感じだがこの稚魚を狙って活性の上がっている黒鯛がいる場所はトップでも出るらしい。

そういう場所を狙ってルアーを投げたらバシャ!!と出てヒット!
メッキ
小さいなと思ってあげたらメッキだった。今年の大阪湾にはかなり大発生していてあちこちでフィーバーがおきているがこんな近所の川でもメッキが釣れてしまうなんて!これは専門的に狙っても楽しそうではないか!

でも今回はチヌが釣りたくてきているのでチヌをひたすら狙う。

だんだん釣れるポイントが分かってきて激浅ポイントに追い込まれた小魚を演出すると出るパターンがあるみたい。チヌがスタンバイしているかどうかが大事で大きな岩があるところだとかなりの確率で出る。だが全然乗らねえ!

なぜ乗らないのかわからんが結構食ってくるのにかからん!くそが!ってなっていたがやっと無茶苦茶いい感じの出方でゴボォ!!とルアーが吸い込まれロッドが持っていかれるほどの引き!!これはマジででかいやつや!と思いながら耐えていたら大きめの岩に突っ込んでいってぶち切られる…あぁーーー最悪や。

サミー65持っていかれるのは超辛い…。

なんかかなりアカン日な感じではあるがまだやる気が残っていたのでとりあえずひたすら歩きながら打っていく。

ベイトフィッシュゾーンが続き、トップに出る回数は増えてきた。後ろについてくる黒鯛も見えるし、いつ釣れてもおかしくはない感じではあるが全然乗らない…ポップXで乗らないわけがないのだがちょっと食い気が悪いのか思い切り食ってくる感じではなくとりあえず噛み付く感じのバイトに感じる。

そして3連発のバイトも乗らずもう心が折れてきてあそこ攻めたら終わりやなって感じの最高のスポットを狙ってルアーを投げる。

すると後ろから大きめのチヌが追尾してくるのが見えて完全に食った!フッキングも決まり、石に巻かれないように必死で石の少ないエリアへ誘導してあとは弱らせて寄せるだけという状態に持ち込む。何度か突っ込みをかわし、足元まで寄せたがまだパワーがあり、沖へダッシュ!チヌはマジで引くから油断できない。

そして強引に寄せてきてあと少しという時、首を振ってその瞬間フックが外れた…。

つくづく持ってないな!って日だった。

ラストチャンスっぽい感じの完璧な魚を逃し、やる気が無くなり潮位も下がりすぎてポイントが無くなって終了。

ただ、なんかパターンっぽいのがわかったので明日の朝、早起きしてもう一回チャレンジしてみようと思う。
おそらくあそこだけ集中狙いすれば釣れるはず!釣れなかったらメッキを狙うぜ!

追記:翌日リベンジ編

翌日リベンジ編
朝は7時30分に起きて、もう一度同じ場所へ行って釣り開始。

潮位は前回よりもだいぶ高い状態だった。人は結構多くチヌ狙いかメッキ狙いのルアーマンが多そう。

前回トップに出まくったエリアに行ってみると前回同様小魚がかなりいる。潮位が高い分前回ほど密集してはいないが岸沿いを追い回されて右往左往しているのが見て取れる。ってことはこれを狙って大型魚が追いかけているわけだ。

見ているとチヌも岸沿いを回遊してベイトを追っているようだったので岸と平行にルアーを投げて狙ってみる。

最初は全然でなくて潮位が高すぎてダメかな??と諦めそうになったが300メートルほど歩きつづけてついに出た。ルアーはチヌもメッキも釣れそうなレッドペッパーのベイビーサイズ

メッキは全く出なかったものの黒鯛は結構反応する。乗りそうで乗らないバイトが何度かあったが諦めずに投げ続けたところ3連続ぐらいで出てやっと乗り、ロッドに重量感のある引きが伝わってきた。

結構足元で、潮位が高く障害物に巻かれることもなく、難なくネットイン!かなりいいサイズのキビレゲット!
かなりいいサイズのキビレゲット!
納得サイズがゲットできたあとも何度もルアーに反応はあったが結局乗り切らず、競馬が始まるということで1時間ほどで釣り終了。

一応リベンジ成功できてよかったぜ!潮位がもう少し下がればもっと釣れたと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2019 AllRights Reserved.