ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

クロダイのルアー釣りは簡単で難しい・・・。

投稿日:2011/08/16 更新日:

クロダイゲームは簡単で難しいイメージ
連夜のクロダイゲーム。

この日は本チヌをゲット・・・も迷走となった。


前回と同じように例のセッティングで手っ取り早くチヌをゲットしようとルアーを投入。

アタリが全然無い。

小規模な移動を繰り返して流れの当るエリアへ。

ここで初めてアタリ・・・・・・食い込むのを待ってスイープにあわせを入れると乗った。

本チヌ画像

まあまあいい引きをするチヌだった。30センチほどの本チヌ。
この仕掛けで初めての本チヌだったがキビレも本チヌも基本的にほとんど変わらない。

チヌのいるエリアはその日によって全然違っていてポイントを見つけるまでは結構難儀するが見つけてしまえば連発する。

次の一投でもいいアタリ・・・・・・スイープにあわせを入れると・・・・・・スッ・・・。

仕掛けが無い・・・。
恐らく重りまで丸ごと口に入れてフロロカーボンの糸を歯で軽く噛み切ったようだ・・・。

早合わせは禁物だがあわせを遅らせるとこんなことになるのがチヌ釣り・・・。針を折ったりあの歯には本当に注意だ・・・。

この後チヌが警戒モードに入ったのかアタリはあるのに針掛りしないショートバイトが連続する・・・。

より繊細に止めを入れつつバイトを取っていくがどうしてもダメ。場所を変えてもアタリがなくなるだけ。

アタリのあるエリアをもっと繊細にと一点シェイクをすると完全に根がかった・・・。
この仕掛けは根がかっても取れる確率が高く頑張って外そうと竿を振っていたらラインが走り始める・・・。

ん?釣れてる?って感じでヒット。
先ほどと同じサイズの本チヌだったが、ランディングしようとしたらバラシてしまった・・・。貴重なヒットだったのに・・・。

その後はまた小さなサイズをバラシてアタリが遠のいたので諦めた。
チヌは簡単だと思ったけどやっぱりそう簡単にはいかないもんでそれがまた釣りの面白いところなんだよなぁ・・・。
東京湾でも何箇所かチヌの魚影の濃いエリアがあるので今度試してみようと思う。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング
-, ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.