チニング

夏の夜の楽しみ、クロダイゲーム完全攻略!

投稿日:2011/08/14 更新日:

チヌ画像
前夜、不完全燃焼だったクロダイゲーム。
今夜はちゃんと仕留めてきたのでそのレポート♪

昼のうちに元職場の釣具店にクロダイの釣り方を聞きに行った。
元同僚はチヌを極めていてすでに50アップを何本もとっているらしい。

その人いわく、橋げた4本をローテーションで攻めるという方法を使って午前3時までずっと釣れつづける楽しい釣り!最高すぎる!これが関西のチヌゲームなのだ。

で、このチヌを極めた元同僚に聞いた釣れるルアー一式を買い込み夜を待つ。

20時、時合を見極め出発。

初めての仕掛けに少し戸惑うが勘でセッティング。多分あってる。

割と攻められていると思われる足場の良いポイントから開始。

一投目からアタリ!これはやばい・・・。今まで俺の信じていたやり方が割と覆された感じがする・・・。さすが地元民。やっぱり重要なのはプロに聞くということだね。釣具屋の店員は本当に釣りが好きでやってるからプロと呼べる存在だと思う。

この釣り方の決め手は音。
竿を小刻みに動かしてカニが水底を歩く音を立てて魚に気付かせることが一番重要。

そして釣り開始から10分で40センチ越えのキビレをゲット!!

40オーバーのナイスチヌ画像

久しぶりに重い強烈な引きをじっくり味わえた。
針を外そうとするとかみつぶされて針が折れた・・・なんちゅうあごの力・・・。40センチ超えてくるとこうなってくるので注意が必要だ。

開始からすぐにこんなにいいサイズのチヌが釣れるなんて…すごすぎる…今日は入れ食いか?
しかし、それほど甘くないのが釣り。簡単には攻略できないから面白い。

おそらく余裕をかましすぎて、後から考えると動かし方が雑になったようでアタリが完全に止まる・・・。
なぜアタリがないのかわからなくなる。
ここから1時間ノーバイト。

少し移動。割と根の荒いテトラ地帯。

動かし方を考え直して繊細にしてみる。
これまでは根掛かりしないように、根を避けてしまっていた。それを、根をなめるように繊細に探ることでアタリを出すことができるようになった。
ただし、アタリは繊細で針掛かりしない・・・。

足元でゴツン!っとすごいアタリがあったのでワームを見るとぶっちぎられている。
チヌの歯すごすぎ・・・。

でも、この釣り方でアタリを出せる場所が分かったのでさらに繊細にその場所を攻める・・・

ゴンゴン・・・

これでは乗らない。

ゴンゴン・・・グイグイィ!

これだ!

ヒット!

この魚もめちゃくちゃ引く!あの首を振る突っ込みはチヌ独特ですごく楽しい!
中々寄ってこなかったがサイズ的にはさっきよりも小さく30センチ強。

30センチ台のチヌ画像

針を外してリリースして、リリースしてワームをチェック・・・?

ワームというか仕掛けがない・・・。ラインを調べるとボロボロに・・・。針を外した直後に切れてどこかへ行ってしまったらしい・・・。本当にとれたのがラッキーだったようだ。チヌ・・・恐ろしすぎる。

完全に狙い通り魚を釣ることができたので満足して、ここで釣り終了。

ここまで読んでくれた人に今回の仕掛けを紹介。
今までやってたのが完全に間違っていたとしか言いようのないほど釣りやすい仕掛けを元同僚に教えてもらったので。

まず、重り。


オーシャンルーラー・ウィードレスシンカー

これが根掛かり回避能力抜群!この重り今まで使ったことがなかったがこれからはこれなしで生きていけない・・・本当に根掛かりしづらく、ストレスなく釣りができる!目からうろこなのでぜひ。

そして針。

スピナーベイトなどのアシストフックとして知られるトレーラーフックチェイサー

使用したワーム。

アマジャコ

このワーム元同僚も50アップを連発させているワーム。今のところ最強かもしれません。

使用タックル

クロダイページに詳しくいろいろ書いたつもりだが今使ってるタックルを書いて置くと、
ロッド:ダイコー(DAIKO) バロウズ BRSS-CLX511
リール:ルビアス2004(旧モデル廃盤)
ライン:東レインターナショナル(TORAY)ソラローム スーパーハード アップグレード 4lb ナチュラル
見ての通りバス用をそのまま使っています。ラインに関しては4lbでは確実に役不足なので8lbをお勧めします。リーダーだけ8lbでも良いかも。
話を聞いた元同僚はエギング用のラインを流用するって言ってました。PE0.8号に6lbのリーダー。それでもよく切られるらしいのでもう少し太いのを使ったほうが大物には対応可能かと思われます。

このタックルを参考に、釣れる動かし方を発見してください!チヌは本当に面白いです!

-チニング
-, , ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.