ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

アイテム

ダイソーVJ?噂の100均ルアーを試してみた!

投稿日:2021/05/12 更新日:

ダイソーVJ?噂の100均ルアーを試してみた!

最近Twitterで話題になっていたルアーがある。それがダイソーVJと呼ばれる上のルアーである。

100円均一のダイソー釣具コーナーで220円で売られていたのを買って試してみたのでその感想を紹介してみる。

まさにコアマンVJ!

買ってきて早速色々とチェックしてみたのだがとにかくよく出来ていて針もちゃんとしている。パッケージを開けてワームを付けてぶん投げれば問題なく様々な魚種が釣れてしまうだろうといった感じだった。

ダイソーVJと呼ばれてるわけなのでVJとして使えるはず…ということでコアマンのアルカリシャッドを装着してみた。

見ての通りジャストフィットである。
ジグヘッドの頭とワームの境目に変な段差が全く無く完全にコアマン・アルカリシャッドを装着する前提で設計された商品と言える。

ダイソーVJを実際に釣り場で使ってみた

使ってみて動きはどうなのかを確かめてみることにした。

アルカリシャッドをつけて投げると非常にバランスが良く、変に空気抵抗を受けるようなこともなくまっすぐ飛んでいく。飛距離に関しては申し分ない。

泳がせて来ると無茶苦茶いい動きでバイブレーションしながらロールアクションをする。はっきり言って本家のVJとなんの遜色もない素晴らしい泳ぎをしてくれる。
設計が完全にガチで見た目だけパクって泳ぎはどうでもいいみたいないい加減な作りではなく、スイムテストしたんじゃないか?というレベルでよく出来てる。おそらくダイソー釣具は最近ガチの釣りマニアがプロデュースしているものと思われる。

ただ、残念なのは2回に一回レベルで後ろのフックがワームに絡んでしまって動きが今ひとつになってしまうという点。これに関してはおそらく本家よりもワンサイズ大きなフックが付いているためそうなってしまうものと思われる。少し小さめのトレブルフックにするか、シングルフックにするなどして絡まりづらくするチューンが必要そう。

チニングのついでに動きをチェックした感じなので実際には魚は釣れていないが動きを見た感触としてはシーバスでもハタでも青物でもなんでも確実に釣れるルアーだと言えるだろう。近日中に釣ってここに追記することにする。

ダイソーVJはコアマンの敵なのか??(下に追記あり)

釣り人にとってはジェネリックVJとして激安でVJもどきが買えてしまうことに喜びを隠せないわけなのであるが、このルアーが広まるとコアマン社の売上に影響してしまうのではないかと心配になる人もいるだろう。

ただ私からするとコアマンの売上は上がると思っている。
なぜか??それはアルカリシャッドが必然的に売れるからだ。ダイソーVJを買ってもアルカリシャッドがないとタダの鉛の塊であり魚が釣れる状態ではない。完全にコアマン・アルカリシャッド用に作られている設計なのでこのジグヘッドを買った人はコアマンのアルカリシャッドを買うことになる。

はっきり言って最近のコアマンのVJの品薄具合はもはや生産が需要に全く追いついておらず、転売屋が買い占めて高値に釣り上げていたため貧乏人には一切手の届かない超高級ルアーになってしまっていた。

根がかりリスクの高いこの手のルアーを4000円近くの値段で買って投げようとは全く思わないのが私のような貧乏アングラー…。消耗品なのにこのプレミア価格…つらすぎる。

それがダイソーVJのおかげで気軽に使える様になったことで必需品のアルカリシャッドを購入する需要が生まれる。ワームの部分は魚が釣れれば取れてなくなることも多く、サゴシやタチウオに噛まれたらボロボロになるので非常に消耗が早くなる。
ワームの買い替え需要はうなぎのぼりとなるだろう。

追記-シャッドテールワームも発売!


コアマンのアルカリにそっくりなシャッドテールワームもダイソーから発売。2本で100円と本家よりもかなり安い価格設定となっている。
カラーも確認したところピンクなど使えそうな色が他にも有った。


ということで330円でコアマンのVJが完成である。

ワームを取り付けてみた感触としては予想以上に本家と近い触感に思う。
もう少し固いかな?と予想したが硬すぎず柔らかすぎずのちょうどいいマテリアルで泳がせて確かめたが本物と比べて何ら遜色のない動きを出すことが出来ていた。

まとめ

ダイソーVJははっきり言って普通にコアマンのVJと同等レベルで使えるルアーと言えるだろう。
今は話題となっていて品薄となっているようだが、これまでのダイソールアーのようにいずれ圧倒的な供給力で潤沢な品揃えが確保されると思うので、しばらく待つと良いと思われる。

正直今のコアマンの商品供給力はあまりも貧弱で転売屋を儲けさせすぎていると思うので、ここでダイソーVJが登場したことは全てにおいて救世主的存在に感じる。

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-アイテム

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.