ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

アイテム

100均のセリアでロッドに付けるルアーホルダーを買って使ってみた

投稿日:2021/08/03 更新日:

100均のセリアで釣具をチェックしていたらこれは!というアイテムを見つけてしまったので紹介してみよう。

ロッドに装着するタイプのルアーホルダーが登場


ルアー釣りをする人ならおそらく一度は見たことのあるアイテムだと思うがロッドのブランクスにルアーを引っ掛けることの出来るルアーキーパーである。

釣り場を移動する時など、ガイドにルアーを引っ掛けたりリールにルアーを引っ掛けたりすることが多いが、外れやすかったりフックでタックルに傷が付きそうで嫌って場合がある。そんな時にルアーを引っ掛けておくためのアイテムがこの商品。

こういうアイテムは割と今までも釣り具メーカーからいくつも出ていて私も富士工業のフックキーパーを使っていた。

別に高くもないけど小さい割にはちゃんとした値段の商品という感じではあったがついに似たような商品が100均で発売されて値段も2個で100円という超価格破壊…。1個200円ちょいが50円とは激安である。

バサーなどは使うルアーごとにロッドが必要になってきたりしてなんだかんだで4〜5本はロッドをもっている人がほとんどだと思うがそれを考えると5本分だとルアーホルダーだけで1000円ぐらいかかってしまう。それが300円となると本当に助かる。

私などバス以外にもシーバスやらエギングやらトラウトやらアホみたいにロッドが増えて10本以上使っているのでケチってルアーホルダーは2本ぐらいしか付けていない。バスのスピニングロッドとエギングロッド(エギはガイドに引っ掛けるのが難しいから必須となる)ぐらい。

ただここまで価格破壊が起こると付けない理由はもはやどこにもないので全ロッドに取り付けようと思う。

ちなみに色は赤と黒が確認されている。

実際使ってみた感想



一日チヌトップに行って使ってみた感想だが素晴らしいホールド性能だった。自転車で家から釣り場まで行って全く外れる気配が無かった。これまでガイドに引っ掛けていた時はちょいちょい外れてズボンに引っかかったりして最悪な事になったりもしていたのでほんと買ってよかった…。

スピニングを使っている時はちょいちょいこのルアーキーパーにラインが引っかかるのがイライラポイントだったがベイトタックルでは全く引っかかる気配はない。

このアイテムは全ルアーマンにおすすめしたいと言える。本当に買っておいて損はない商品だろう。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

釣りの時に何を持っていけばいいのかわかっているようで、時々「あれ持ってくるの忘れてた!」ってなることがたまにあるのでここで釣りに行く時に持って行く物リストをまとめておこう。 釣り全般で必要なものリスト ...

5

エサ取り名人として名高いカワハギ。 日本各地で釣ることが出来、釣り方も投げ釣りや胴付など初心者でも簡単な釣り方で狙うことが出来る。 専門のタックルも売られているが基本的にどんなタックルでも釣ることが出 ...

-アイテム

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2024 AllRights Reserved.