元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション ショアジギ ショッピング

スチールミノーの動きがすごい!使ってみた感想

投稿日:

スチールミノー

最近メタルルアーが熱い。

数年前からメタルバイブレーションがシーバスでもショアジギングでも定番アイテムとなっていて、去年とか今年になってビーチウォーカーフリッパー飛びすぎダニエルなどのメタルシンキングペンシル的ルアーが登場し無くてはならない存在になってきている。

そんな中、ついにスチールミノーというルアーが発売された。このルアーは鉄板と鉛で出来ているルアーなのになんとミノーとして使えるというかなり革命的なルアーとなっている。
参考タックルハウス・スチールミノー

なぜ重い金属のみで出来ているのにミノーとして使えるのか?というとこのルアーには通常ルアーの下についていて潜行させるためのパーツであるリップをルアーの上に取り付けていることでミノーと同じようなウォブリングアクションを生み出すことに成功しているからである。

上向き金属リップという最近発売されたジャッカルのライザーベイトと同じコンセプトのルアーとなっている。

スポンサーリンク

スチールミノーの動きがすごい

フルメタル製のルアーなのにこの動きなのだ。バイブレーションでもシンペンのフラフラでもなく、完全にウォブリングしている。まさにミノーと呼ぶのにふさわしい動きになっている。

スチールミノーの使い方

スチールミノーイメージ
スチールミノーの素晴らしいところは金属で出来ているのに浮き上がりやすいところで朝一など表層を攻めたい時にただ巻きで表層を攻めることが出来るのが大きなメリットとなる。

朝一の表層攻め以外でもこのルアーはしっかりと泳ぐように作られているためどのレンジを探るのにも非常に効果的で底まで沈めて巻き上げてくるだけでも十分アピールすることが出来る。

フォール姿勢もよく、ラインと絡んでエビの状態になりづらいことから時々食わせの間を与えて沈めてみたり、少しロッドでシャクってみたりするとリアクションバイトを誘うことが出来る。実際私も使ってみたのだが、青物を狙って使った時にロッドでアクションさせていた時にガツンと食ってきた。

スチールミノーは前方重心

スチールミノーの画像
これが一番の弱点。飛びすぎダニエルなどの後方重心のルアーだと飛び方がズバーーン!という感じで飛んでいってくれるがこのスチールミノーはルアーの前方付近にウェイトがあるので投げるとどうしても風を受けやすい。

メタルジグなどの後方重心系のメタルルアーと比べると若干飛距離は負けると考えていたほうが良いだろう。ただ、樹脂製のルアーやワームと比べると十分に飛ぶルアーではあり、31グラムと41グラムがあるので、もし31グラムで不満なら41グラムを使ってみると良いかもしれない。

スチールミノーを使ってみた感想まとめ

まだ正直2日しか使っていないので一度青物らしき魚をばらしただけで釣り上げてはいないものの確実に釣れると感じるルアーだったので紹介してみた。

とにかくこのルアーは今まで色々なルアーが発売されてきているがそのどれとも違う画期的なルアーであるということは間違いない。使いこなせれば大きく釣果を伸ばせるような気がしてならないルアーである。

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-インプレッション, ショアジギ, ショッピング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.