ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

エサ釣り フィッシング

東伊豆の網代で手漕ぎボードから海釣り挑戦!

投稿日:2007/10/07 更新日:

網代(伊豆)
晴れ
中潮
6時~11時

ボート釣りというのが面白いというのを聞いてそれはどんなもんなの?ってことで行ってみた。

ボート釣りのメッカである伊豆の網代でマダイを釣っちゃる!
と前日勢いづいて3500円もかけてかご天秤を買い込み、ルアー釣りとエサ釣りの2本立てでマダイ、ワラサを狙った。

そして、さらに勢いづけるつもりで焼酎をストレートで飲みまくり7合瓶の半分以上を飲んだ。

そして完全に酔っ払いながら午前2時30分に世田谷を出発。

5時半くらいに現場に到着。

酒は抜けず、ちょっとフラフラ。

でもウコンの力で持ち直し、海へ出た。

するとだいぶ楽になって超快調に釣りを開始。

良く観光地にあるような手漕ぎボートで大体100メートルほど沖へ出て、ボートをつなぐところで水面を覗くとでっかいウスバハギがいっぱいいる。

狙いはマダイなのでそれを無視してかご天秤を底へ沈める。

しかしあっという間にコマセは消えてつけえさも瞬時に消える。

恐らく底に着くまでにカワハギが食っているように感じられる。

もういやじゃ!!

おろして上げてを繰り返すのがだるくてしょうがないし、エサつけるとき近くみるから酔いそうになる。

なのでとりあえずウスバハギ狙ってみた。
前日買ってたカワハギ仕掛けで狙ってみた。

見えるところにいるウスバハギを狙ってみた。
そしたらいきなりヒット!!

でっかい!平べったいからやたら引きよるがな!

4匹くらい小サイズを追加してカワハギ釣りに飽きた。

引きが単調すぎる・・・

再びカゴで底付近狙い。

で、なんかキタ。
あれ?なんかキタ?キタの?

釣れてた。
ソウダガツオ画像
ソウダガツオ小でした。

で、針をはずしてエラ切って血を抜いて・・・

あれ?何これ?竿が!!!

という感じで針をはずして垂らしていた仕掛けにさらにソウダちゃんがヒットしてるよ。

ダブルというわけではないが結果的に2匹ヒットして前半終了。

若干気持ち悪くなってきたのと、氷を忘れて来たので氷を調達しに、あと同行者がトイレ行きたいというので。

その港への帰りに後を向いてたら急に吐き気が・・・消化できてないほうれん草が・・・。

船乗るときは前向いた方がいいみたいです・・・。

漁協で500円で氷を大量ゲットしてこれで安心。

第2ラウンド開始!

ゴングと共にソウダガツオの活性が超高い!

俺は船のおばちゃんに聞いたウスバハギがめっちゃ旨いという情報を元に、
ウスバハギを釣りまくって鍋パーティーしようという妄想のためにカワハギ仕掛けを投入したにも拘らず、
水面をものすごい勢いで泳ぎまくるソウダの群れに竿ごと引きずりこまれそうになった・・・。

ここから3連発でヒットし、すごいファイトで腕が痛い!

と・・・ここで二日酔いモード全開・・ウコンが切れました・・・。

もうだめ・・・。
死ぬ・・・。

2Rの途中でTKOでした。

でもこれだけ釣れたら元は取ったでしょw

結局一人でソウダガツオ6匹とウスバハギ5匹とカワハギ1匹をゲット。
100均のクーラー限界・・・。

久々に楽しくファイト出来たけど色々あってマイナス40点でした!100均の保冷バックはめちゃめちゃ漏れるぞ!気をつけなはれや!

ボート釣りの獲物ウスバハギでかすぎ

おすすめ記事

1

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-エサ釣り, フィッシング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2023 AllRights Reserved.