エギング

初秋のアジュール舞子で釣りをする!エギング、ジギングやり放題

投稿日:

釣活です。
今回は久しぶりにハイパー初心者の友人とアジュール舞子へ行ってみたのでそのレポートです。

スポンサーリンク

何でも釣れるアジュール舞子

秋のアジュールは釣り物が多く、青物を始めとしてアオリイカやサビキでの小物釣りなど魚種がとても豊富。

今回はアオリイカを狙いつつ、最悪サビキでなんか釣ろうという気分で行ってみる。以前この時期に来た時はウマヅラハギの子供がたくさん釣れて煮付けがうまかった印象があるのでウマヅラも裏ターゲット。

アジュール舞子にてウマズラハギを大量ゲット!

どうも!ご無沙汰しております、釣活くんです。 やっとデミオが納車となって今後の活動範囲がかなり拡大する予定です。このブログもガンガン更新しまくって現在の月100万アクセスから次は月200万アクセスを目 ...

続きを見る

台風の被害が大きいアジュール舞子

マックスでアミエビ(凍ってないやつ)を購入して釣り場へゴー。

この前の台風でアジュールも被害があったようだがどんなもんかなと思いつつ現地到着。

午前中雨が降った影響もあり、午後から行ったが人はまばら。

駐車場近くのワンドになったところは普通に釣りができてファミリーやエギンガーが釣りをしている。

ただ、橋の下の部分は一面全部が立ち入り禁止区域になっていて入れなくなっていた。見ると手すりが波で破壊された部分があちこちにあり、その隙間から子供などが転落してしまう可能性もあるからだろう。流れが速いところなので救命胴衣をつけていても落ちたら相当危険というしかない。

入れないのはしょうがないので歩いて反対側まで行って釣り開始。こっち側は人がほぼいない状態だった。
アジュール舞子イメージ

最初からお魚天国状態

とりあえず魚がいるのかを確かめたくてコマセを足元に撒いてみた。

真っ黒になるほどの小魚が集合!!信じがたい魚影!まさに水族館!

友人がサビキを始めたが一投目から木っ端メジナがヒットするし、次の一投でもスズメダイゲット。どうやらこの大群はほぼメジナとスズメダイでできているようだ。サビキで10匹ぐらい連発していたがこのサイズのメジナとかスズメダイは流石に持ち帰りサイズではないということでアジやイワシが回ってくるまでしばらく他の釣りをすることにした。

エギにイカが!

とりあえずエギンガーが多いし、この場所といえばアオリイカやケンサキイカのメッカなのでエギを投げてみる。サイズは小さそうなのでとりあえずいるのかを確認したくて2.5号のエギを投入。居れば後ろについてくるだろう。

何回か投げて巻いてくると足元で後ろについてくるイカを発見!めちゃくちゃ小さくて何のイカかは判断出来ないが2.5号のエギですらビビって抱いてこない。ずっと後ろで待機してるのでシャクってみたら墨を出して逃げた…。

これは小さいエギなら乗るかもしれないとケンサキ用の1.8号を投入してみる。

しかし流れが速すぎて沈むことなく真横へ流れる…小さすぎるエギはこれが辛い。

2.5グラムのダウンショットシンカーがあったのでそれをスナップに装着し、アゴリグみたいな形にして強制的に沈める。この辺に居そうってところでステイさせているとグッと重みを感じたので合わせるとヒット!

小さいアオリかな?と思ったがケンサキイカの普通サイズだった。

早速写真を撮って締めようとしたら手が滑ってスマホが地面へ。そしてものすごい反発力で海の方向へ飛んでいく。もはや何の反応も出来ずに海に沈んでいくiPhone7を見つめ続けるしか無かったのであった…。

水辺で活動する者にとって精密機器の水没やいろいろなものの落水は宿命みたいなものだけどiPhoneは辛いよね…iPhone7は中古で売っても2〜3万円にはなるからね…俺買った時アップルストアで約10万円払ったからね…。

まぁ2年近く使ったからいいけど、これが買ったばっかりのiPhoneXだったらとか考えたら超ショックやん?これからはiPhoneを水辺で使う時は必ず伸びるワイヤーをつけて使おうと心に決めたのであった。

ということで序盤でものすごいテンションダウン…データは1週間前にバックアップ取ったからほぼ戻るとは言えイカの写真なくなっちゃったし何だかなぁ・・・。

このあと、エギング再開してみたものの流れがさらに強さを増し、アゴリグでも沈めることが不可能になったためエギング終了。

足元の魚にウマヅラの子供がいることを発見し、前回同様の網カゴに引っ掛け針仕掛けでこのウマヅラを狙う。

一投目から釣れるぐらい簡単に釣れるがサイズがちょっと小さすぎる・・・。どう考えても身が少なすぎて捌く労力無駄な気がするのでリリース。多分まだ時期が早すぎるのだろうと思う。しばらくみてみたが全部このサイズなのでこの釣りは終了…。

そうしているうちに足元の小魚が流されてどこかへ消えてしまった。

流れが無いところはサビキパラダイス!

流れがゆるそうな場所まで行って釣りをすることにする。

流れが緩いところにはイワシが溜まっていて足元にコマセを撒くとイワシと小アジが釣り放題!

ジグサビキを投げればサバとか釣れるんじゃないのか?と投げ続けたがウルメイワシが釣れ続けるだけでサバはゼロや。イワシじゃ引きが無いんじゃ…。

延々とこの状態が続き、友人とイワシとアジをそこそこたくさんゲットしてお土産確保したので釣り終了。

一瞬だけなんか青物がボイルしたけど何だったのかは全くわからない。ほんと一瞬すぎて狙う間もなく。ノマセの人も誰一人釣っていなかったので日が悪かったのかもしれない。

あと1ヶ月後は魚もそこそこ大きくなってアジももう少し引きが楽しめそうだし、ウマヅラハギもちゃんと食べる部分があるサイズまで成長すると思うのでまた行ってみようと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。 この記事が気 ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

目次「ハゼクラ」とは?タックルについてハゼクラのロッドハゼクラ用のリールハゼクラ用のライン私のハゼクラタックルルアーについて腹のフックは無い方がいいかも時期によってはアシストフック必須ハゼクラでハゼを ...

4

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

-エギング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.