チニング 釣行記

チニングの夏、ボトムもトップも堪能

投稿日:

8月になり、やっと長かった梅雨も終わった。これで完全にチニングの夏だ!ってわけで行ってきたのでレポートしていこう。

夕マズメからボトム狙い

土曜日は昼間、チヌトップへ行こうかと思ったものの暑すぎて行くのをためらい夕マズメから行くことにした。

いつもの武庫川の下流域で釣り開始。毎年釣れているポイントだが今年はいまいち魚の数が少なそうな感じで最近それほど釣れていない。

この日もボトムを丁寧に探っていくがチビレが当たってくる以外に大きなアタリはない…。潮が止まり気味だったのでそれもあるような気がするが粘らず次のポイントへ。

テトラのポイントへ移動して釣り開始。ベイトが結構いてシーバスがボイルしている。ボトムのチヌを狙っていると隣のルアーマンがなにか結構大きな魚をヒットして足元でばらしていた。シーバスかな?

ただ、シーバスには目もくれず底をズルズルやる。アタリが出たポイントを重点的に狙っていると持っていくアタリが来てキビレゲット!
キビレの画像
それほどいいサイズではなかったもののチビレでは無かったので満足。

このあとはアタリが無くなり風がなくて暑くてやってられなくなったので早々に終了。

朝からチヌトップ

翌日は朝から下げ潮を狙ってチヌトップ。

朝マズメは眠いので8時ぐらいに現場到着というゆっくりスタート。これでも特に問題なくトップで釣れるというのがチヌトップのいいところである。バス釣りだと条件が揃わないと中々昼間にトップで釣れまくらない。

水は濁り気味なものの割と魚は見える状態で相当な数のチヌが見える

早速打ちながら歩いて出る魚を拾っていく。

しばらく歩いても全然でなくて今日は出ない日なのか?と不安になって来たがかなり下流まで歩いて来たところでやっと出た。
ただ食らいつくというよりUターンした時しっぽで叩いた感じの出方なので乗る気配は全くなし。

食い気はあるみたいだがガッツリ食わすには何かが足りないような感じ…。

その後もトップに追尾してくる魚は何匹も確認できたが出ることが殆ど無いし、出ても乗るような感じじゃないと言う状況。

日も高くなってきてかなりの暑さが身にしみてきた…。これは流石に厳しいか?と思いつつも一番下流から上流へ向けUターンし、しばらく歩きながら釣り上がっていく。

何度か出ても乗らない感じでかなり上流まで来た時、ボゴ!と出た。でもどうせ乗ってないでしょって感じで次のアクションを入れようとしたらラインが走っている!おぉ!乗っとったんか!って感じでヒットしてゲット。

かなりいい感じの魚体の真チヌ。なんか最近トップで釣ると真チヌばっかりである。

これでチヌトップ3回連続坊主なしでラッキーと思いながらもうちょい上流までやってみることにする。

結局上流へだいぶ行ったけど状況は変わらず出ても乗らないか、興奮しながら追尾してくるけど出るまでには至らないって感じで自転車を止めたところまで戻って帰ろうと戻りながら打っていく。

小魚が結構いるところがあり、これは出そう…と思いながらポッパーを動かしているといい感じの出方で食ってきた!

完全に乗ってファイトするが重いファイトででかい魚の引きだった。これは相当いいサイズなんじゃないのか!?もしかして50行ったか?と思いつつ寄せてこようとしていたら抜けた…。

いや、抜けるようなファイトだったか?と思いながらルアーをみると後ろのフックが折れていた…

確かに15年近く前に買ってから後ろのフックは一度も変えてなかったから錆びまくってたけど…。

錆びた針は折れます!針は錆びたら変えましょう!

その後、結局釣れることはなく、終了。
チヌトップ好調キープなので来週もでっかいチヌを狙ってチヌトップやります!


チャンネル登録よろしくおねがいします。

ルアー釣り入門

このページでは「釣活」の釣り入門コンテンツをまとめて紹介しています。ルアー釣り初心者から意外と基本的なことを忘れてしまったルアー釣り歴の長い方までごらんいただけると幸いです。 目次タックルについてウェ ...

続きを見る

-チニング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.