元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ 釣行記

南芦屋浜でナイスキビレをゲット

投稿日:

どうも!釣活くんです。

今回は南芦屋浜でワーム投げたら根魚釣り放題なのか?を試したくて夜にちょっと行ってみたレポートです。

スポンサーリンク

まずはルアーを投げてみる

とりあえずシーバスとかタチウオとかも釣っときたかったのでルアーを投げてみたものの全く反応なし。

タイミングが悪かったのかなんかもう全然釣れる気配がなかったので即終了してワームを投げることにした。

ワームはチニング仕様

前日そこそこサイズのタケノコメバルが釣れたことからワームを使えば釣れるかもってことでチニング仕様にしてみた。

石畳に根掛かりしやすい場所なので針がむき出しになったジグヘッドリグとか消耗戦になりそうで使いたくなかったというのがある。

とりあえず沖に投げてズル引いて来るとなんか無茶苦茶小さなアタリがあるが乗りそうなアタリではなく小さな何かがかじってる感じ。

場所をこまめに変えて打っていくとベイトが溜まっている場所がある。ボラの子供かサヨリかわからなかったが水面がざわついており魚の気配があった。

そこでちょっとゆっくりめに引いてくると明確なゴン!というアタリが来たので思い切り合わせるとものすごい引き。完全に根魚とは思えない引きである。もし根魚なら40センチクラスのアコウとかだろうけど流石にそれはありえないってことでチヌだと判断。

かなり寄ってこなくて苦労したが何とかゆっくりと寄せてきてゲット。

予想通りナイスサイズのキビレ。
キビレ画像
冬のキビレはサイズがいい。久しぶりにチヌのトルクフルな寄ってこない引きを味わえたので根魚じゃなかったけど十分楽しめた。

この後はアタリが遠のいたので移動。

西宮ケーソンでアタリあり

西宮ケーソンでライトゲームをしてみる。タックルは0.3号のエステルラインを使った超繊細なアジングタックル。

これを使って明るいところを打っていく。

タチウオの引き釣りをしている人がタチウオを上げていたが基本的に何の気配も感じない。たまにボラが通るぐらい。

これはそこの方に居るのか?と沈めてみるが反応なし。

しょうがないので明るいところの岸際をテクトロしながら引いてみるとアタリ!ただ乗らない…。

0.6グラムに1.5インチのワーム付けてるのに乗らないってどんな魚が食ってきてんだよ。って思いながら同じ場所を攻めると今度は結構いい当たりだったのだがこれも合わせても乗らず。

その後はアタリが消えて場所を移動してみるが他の場所ではアタリすら無い。

しょうがないので一番明るい船のところでやってみると何かがボイルしている。タチウオかシーバスか?ただ魚が居るということはベイトとなるアジもいるのではないかとそこへワームを投げる。

重くなるバイトで合わせるとドラグが・・・即バラシ・・・。なんだったのかは全くわからず。

ボイルも単発だったらしくその後全く起こらないので終了。なんか時間帯が違うみたいな気がする。朝マズメとか夕マズメのチャンスタイムを狙わないと難しそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知識に ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-クロダイ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.