ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

ブラックバス

東播野池にてグッドサイズバス連続ゲット!

投稿日:2011/05/02 更新日:

野池バス
地元兵庫のスポーニング真っ只中のブラックバスを狙いに行ってきた。

昼過ぎから小野市周辺の野池へ。

たくさんの野池があってどの池が釣れるか?それは暇でブラックバス釣りの好きな人たちがまわって探してくれているので大体人のいる池へ行けば間違いなくブラックバスはそれなりにストックされている。

人がいないところでブラックバスのいる池もあるがそれはかなり冒険なので今回は実績のあるところばっかり行ってきた。

コンクリート護岸の皿池タイプの野池から攻める。

この池はGWごろがビッグサイズの釣れる池。以前も40オーバー2連発があった。

その実績の取水塔にフリックシェイクのインチワッキーを投入。

水中を想像しながら通すがバイトはない・・・一投目で食ってくるはずと思ってステイに入るとゴン!と来たのであわせると強烈な引き!
兵庫の皿池で釣ったバス

いきなり46センチが釣れました。

そのあとはネストのバスを見つけて狙うもスレてて全然食う気が無いので次の池へ。

この池は超実績高い池で魚影も濃くアベレージも35以上という特Aの野池。

でも、期待に反して全然バイトなし・・・。

隣の池はクリアで見えバスが結構いるもやはりプレッシャーが高く全く反応なし。

ちょこちょこ移動して友人が42センチのバスをやっとゲット。

死ぬほど太ったプリスポーンのバスだった。

池の端まで移動し水中を見るとバスが逃げていった・・・しまったと思ったがすれていなければ逃げた方向にワームを投げれば食うはず・・・。

ボディーシャッド3インチのパープルウィニーというカラーの俺の自己最高サイズ54センチを釣った最強のマス針ダウンショットリグに命を吹き込むシェイキング・・・。

グン!

ヒット!強烈な引き!

ゲットしたのは腹パンパンのプリスポーンバス。

野池としては40アップ2本というのは十分すぎてお腹いっぱいだったが、クリアな方の池で夕マズメに入ったスクールの見えバスが何の躊躇も無くアイシャッドのダウンショットで釣れてしまった。これも40くらい有るナイスサイズ!

昼からでもいい釣りできるのが東播の野池のいいところ。

次の日の琵琶湖への準備運動としてはかなりいい釣りとなった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-ブラックバス
-, ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.