トップウォーターでトラウト攻略!基本知識と使い方

トップウォーターでトラウト攻略!基本知識と使い方
管理釣り場のトラウトは水面を意識していることが多く、トップウォーターでトラウトを狙うのは実はかなり有効なテクニックである。


トップウォーターがエリアトラウトで効く理由

まず、なぜトップウォーターが効くのか?
トラウトのエサはペレットであるが、多くの場合上空から撒くため着水音が魚を寄せる力がある。着水と同時に食ってくることも多い。
ペレットの色は黄色や茶色。だからこのカラーのルアーは浮かしておくだけで食ってくる。

あと、自然界ではトラウトは虫を食うことが多いのだが蚊の仲間は水面で羽化するので日常的に水面で虫を食っている。
夕方の時間帯は蚊の羽化のタイミングなのでトップに異常に反応することがしばしばあるので試してみるといい。

トラウトの釣れるトップウォーター

1.ポッパー


ポッパーは飛沫を飛ばして他の魚が捕食しているかのような状況を作り出すことでその付近の魚の活性を上げることの出来るルアー。

竿をチョンと動かしてポコッと音を立てたり、水しぶきを出したりして魚を誘うアクションをつけると水面を割って飛び出してくるだろう。

このルアーはかなりアピール力が高いため、水面を意識していない底にいる魚をも引き寄せることが出来る。
基本のトップウォーターなので一つは持っているといい。

2.ペンシルベイト

ペンシルベイトは細長いルアーで竿でチョンチョンと動かすと首を振りドッグウォークという動きをする。

時々止めて食わせの間を与えながら動かすとよい。
アピール力は小さいがナチュラルでスレにくいトップウォーター。

3.スウィッシャー

IMG_7705
プロペラが付いたトップウォーター。

水面が波立っているような時にはペンシルなどではアピールが足りないのでスウィッシャーが効く。
金属のこすれる音が何故か魚を寄せる不思議なルアー。

4.クランクベイト

シケーダー画像
クランクベイトのシャロータイプは竿を立てて巻くと引き波を出しながら進む。これがトップウォーターとしてのクランクベイトの使用法で、潜らせて使用する何倍も釣れることがある。練習が必要であるがうまく引き波を出せるようになった時は非常に強い。

もう一つクランクベイトのトップウォーターとしての使用法があり、これはクランクを浮かせて竿をシェイクする方法。リップが障害になって水面を一点シェイク出来るテク。大会で優勝パターンになるほどの威力を秘めている。マスターすると強い。

5.番外編

ちょうちょルアーイメージ
今は廃盤となってしまったがちょうちょというまんまな名前のルアーがあった。

これは実は非常によく釣れるルアーでポッパーのような動かし方でガンガン釣れた。ただ、売れなかったのか廃盤になってしまったので中古釣具屋で見つけたら試しに買ってみて欲しい。

トップウォーターでのトラウト攻略まとめ

管理釣り場のトラウトフィッシングにおいて意外と釣れるトップウォーター。他のルアーでは全く反応がなくてもトップでだけやたら釣れる時もあるので是非とも挑戦してみてほしい。

特に人が多く、スレまくっている管理釣り場ほどトップに反応が良いと感じる。

ルアー釣り入門

このページでは「釣活」の釣り入門コンテンツをまとめて紹介しています。ルアー釣り初心者から意外と基本的なことを忘れてしまったルアー釣り歴の長い方までごらんいただけると幸いです。 目次タックルについてウェ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

釣りという趣味ははまる人ははまるがはまらない人ははまらない。 何が違うのか?それはわからない。 けれども私にとっての釣りは人生で一番興奮出来る遊びであり、どれだけやり続けても飽きることの無い究極の趣味 ...

2

日頃お世話になっている人が釣り人だったら釣り具を贈ると喜ばれるだろう。 私も釣り人なので釣り具を頂くと非常にうれしい。自分では買えないとか買わないだろうアイテムをもらうと正直うれしいものである。 ただ ...

3

一時間幸せになりたかったら、酒を飲みなさい・・・。永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。 中国のことわざより。 釣りを知らないことは人生の楽しみの半分を知らないことだ。 ヘドン氏の言葉より。

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:2020/05/04 更新日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.