ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

管理釣り場トラウト用スプーンの選び方、おすすめを紹介

スプーンをくわえるニジマス

管理釣り場でのトラウトフィッシングの基本中の基本とも言えるのがスプーンというルアー。

ルアーフィッシングの起源は湖で食事に使うスプーンを落としてしまったのをマスが食いついたことから始まるとも言われている原始的なルアーではあるが、現代でもスプーンは最も釣れるルアーとして使われ続けている。

そこでこのページではトラウトのルアーフィッシングの基本とも言えるスプーンの基本と釣れるスプーンを紹介する。


スプーンの選び方のポイント

スプーンイメージ

スプーンを選ぶときの最初のポイントはカラー
明るいカラー暗いカラーを2種類は用意したい。

あと、それと同じくらい重要なのが重さ
スプーンを泳がせる層が大事なこの釣りで層を調整する手法の一つがスプーンの重さになる。
1グラム以下1.5グラム2.5グラムの3種類の重さはとりあえず持っていたほうがいい。

最後にスプーンの形
スプーンの形によって動きは違ってくるのは当然である。
一般的に太い形のスプーンは大きな動きで、細長いスプーンは細かい動きになる。
他にも微妙な形の違いで浮き上がりが早かったり、安定感が増したりするのでそれはそのスプーンを試して使い込んで発見していきたいポイント。

管理釣り場用おすすめスプーン

一度やるとこの面白さの病み付きになってしまう管理釣り場。
この管理釣り場を攻略すべく実戦にて釣果をもたらした優秀なルアーをご紹介。

ノア・ロデオクラフト


多くのトーナメンターの支持を集めるパイロットルアー。私の場合もまずこのスプーンから投げる。

PAL・フォレスト


スプーンの基本形であり、特徴的なものは特に無いシンプルなスプーン。
優秀なその動きで実績はかなり高い。

MIU・フォレスト


ワイドな動きの使いやすい基本アイテムとして使えるスプーン。カラーも豊富で限定カラーがたくさんあるので色々集めてしまうスプーンである。

マーシャル・フォレスト


マーシャルは細身のスプーンで、波動も控えめ。通常のスプーンに反応が悪くなってきた場面やこの動きが効く場面があるのでそのときの為に持っておくスプーン。

Weeper・ノリーズ


ノリーズのスプーン。このスプーンは私がトラウトを本格的に始めたときに名前も知らず買ったのだが思わぬ釣れっぷりに驚いたルアー。さすがノリーズと言えるスプーン。浮き上がりのよい形状は表層攻略にもってこい

アダム・ダイワ


基本にして完成形のスプーン。まずトラウト用スプーンを揃えるならこのスプーンから揃える。

動きはワイドで放流魚や活性の高い魚を狙って釣れる。カラーのラインナップも基本的なものが揃っていて初心者におすすめ。

バベル・ロブルアー


このスプーンは巻かないスプーン。重要なのはアタリを取るために特化したタックル。エキストラファーストテーパーのカーボンロッドにPEラインを巻いてボトムをバンプさせフォール。止めを入れてあたりがあったら即合わせ。アワセが誘いにもなる。

ペレスプ・ムカイ


透明のプラスチックに重りが埋め込まれたスプーンであるが奇抜な見た目と裏腹に非常に優秀な釣果を生み出す傑作。通常のサイズのスプーンにすれてしまった魚もシルエットが小さい見慣れぬスプーンには思わずバイトしてしまうようである。

グルグルX・リセント


これはスプーンなのか?と言われるとなんとも言えないルアーではあるがとにかく釣れるルアーであることは間違いない。何がいいのかはわからないがトラウトを狂わせる力があるので一つ持っておきたいルアーである。

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:2020/05/04 更新日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2021 AllRights Reserved.