ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

管理釣りトラウト

今期初トラウトフィッシングは激渋!

投稿日:

どうも!今期のアニメはオカルティック・ナインにハマっている釣活くんです。

最近全然自然界の魚でドラグを出すような引きを味わっていないので久しぶりにトラウトに癒やされようと行ってきたのでレポート。

昼からGO

昼からの方が安いというだけの理由で午後スタート。

去年まで2000円だったような気がする北田原ます釣り場の午後券は2500円になっている。うむ・・・午後からは放流なしなのに値上げだけするのか・・・。なんか納得いかんなぁ。まぁぶっちゃけそれでも関東よりは安いのでいいんだけど。フィッシュオン王禅寺の場合3時間でこの値段だからな。5時間出来る分だいぶ安い気がするな。

人がいっぱいなので釣れないゾーンへ

気温が高くて釣り日和だったせいか人が多くて上の魚影が薄めなゾーンの奥で開始することに。

フライの人がいっぱいいてその人達は釣れている。

久しぶりのトラウトタックルでクランクから開始。

魚影が薄いゾーンと思っていたが意外と魚影があってそこそこバイトがある。

ただ、そう簡単には乗らないアタリばかり。

カラーチェンジを繰り返し、やっと一本目が釣れる。ザンムのピンク白カラーだった。
ニジマス
水がクリアな時はかなり渋いのがこの釣り場の特徴なのだが今回もクリアで渋かった。クリアなのにあたりのあるカラーは派手系ばかりという不思議な状況。オリーブのスプーンよりも赤金の方が反応いい。

この後、ザンムの水色で一本追加した後、下のエリアが空いてきたので移動。

下のエリアすれすぎ

アタリはある。魚の量も上の方と比べ物にならないほど多いのだがとにかくバイトが乗らない。5回ぐらいアタリがあって乗ったのが1回とかいうレベル。

かなりいい場所でベストポジションと言ってもいいぐらいの場所なのだが全然キャッチできずに時間だけが過ぎる。

この日はレンジが重要でちょっと深めの場所を通さないとバイトすら無い。ルアーもザンムばかりにヒットが集中して他のスプーンなどはアタリだけで乗ることがない状態。

周りの人もルアーの人は自分と同じような状況であまり数を伸ばせていないような状況。フライの人もそれほどバカスカ釣っているってほどでもなく時間帯的にも最悪な状況と言えた。

夕まずめは上の段にかける

下の方のスレ方が半端なくて上の方が魚影は薄くてもまともに釣れるんじゃないかと思い移動。

自分の他にフライの人が一人いるだけという寂しい状況でポイント狙い放題だったのでいつも魚が溜まる場所を狙っていく。

しかし何の反応もない。ブラウントラウトがいたがずっと2匹で喧嘩し続けるという状況でルアーどうこうという感じじゃない。ニジマスも喧嘩してるやつが多くて釣れる魚じゃない。

そしてやっと群れの場所がわかって連発モード。

30センチ無いような小さめのマスばかりだが連発するとそれなりに楽しめる。

3匹ほど連発して2匹ほどバラして連発終了。

その後は群れがウロウロして釣れる場所が定まらず、運良く群れがまわってきたらヒットするという感じになり、最終的に1本同じサイズを追加して終了。

5時間やって6匹でした・・・。

悲しくなるほどのつれなさ。

大体この管理釣り場ってシーズン最初の方こんな感じだったような気がする。多分良いシーズンは2月ぐらいからのような気がするのでここにはしばらく来ることはないだろう。

次回は滋賀に新しくできたポンドタイプの管理釣り場に行ってみることにしよう。

今回のヒットルアー

カラーは水色メイン

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-管理釣りトラウト

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.