元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ 釣行記

海でライザーベイトを試してみたらタチウオが釣れた!

投稿日:

どうも!釣活くんです。

なんかライザーベイトが発売されたらしいのでお店に行ってみたら普通に売られていたので即ゲット!売り切れかな?と思ってたけど大体のカラー揃ってて選び放題でした。

ということで海用サイズとバス用サイズの2種類購入して海で使ってみたのでそのレポートです。

参考【ジャッカル】Riser Bait(ライザーベイト)がヤバすぎる【NEW】

スポンサーリンク

ライザーベイトを開封してみた

とりあえず釣りに行く前にライザーベイトを観察してみた。
ライザーベイトパッケージ写真

ライザーベイトイメージ

ライザーベイトイメージ

ライザーベイトイメージ

ライザーベイトイメージ

ライザーベイトイメージ

シンキングペンシルに鉄板がついたルアーって感じである。

007の方は細身、008の方はファットな形状となっている。007は淡水、008はソルトという使い分けになる。008は007に比べてかなり重く飛距離が稼げそうな感じがする。重いのでシーバスや青物のような豪快なバイトでも弾きづらいだろう。

早速南芦屋浜へ行って投げてみる

夕マズメの南芦屋浜へ行って投げてみることにした。

今日はちょっと遅めだったのですでに時合は終盤・・・じわじわ帰り始める人が出てきている。

海の状況を見ると流れが全く無い。どうやら潮止まりと夕マズメが重なっているよう。これは釣れるのか?という状況になってしまっているが一応ライザーベイトを結んで投げる。

008の方を投げてみるとむっちゃ飛ぶ。シーバスタックルだと結構重めに感じるぐらいの重さで飛距離も抜群。

そしてライザーベイトというだけあってめちゃくちゃ浮き上がりがいい。かなり低速で巻いてもトップとして使えるレベル。動きもバタバタとかなりゆっくり巻いてもちゃんと動く。ほんとうに良く出来てる!

ただ、なんとなく大きすぎるような気がするので007の方を使ってみることにする。

こちらは小さめなので飛距離も控えめであるがスピニングで投げればそれなりに飛ぶ。こちらもゆっくり巻いても表層を引波を出しながら巻ける素晴らしい動き。これは釣れそうかも!と思ったのでこのルアーを投げ続ける。

段々と潮が効いてきたのか水面に何かが餌を追っているような波紋が出る。その波紋のところへ投げて表層をゆっくり巻いてくるとゴン!と明らかにバイト。乗らなかったが食ってくることがわかったので気合が入る。

同じ場所を同じように巻いてくるとゴン!というアタリと同時にタチウオが水面から飛び出してきて合わせたらバッシャバッシャ暴れまわる。こんな感じでタチウオ釣ったこと無いなって感じの釣れ方だったがスレでしかも型が小さいのですんなりゲット。
タチウオ画像

気づいたんだけどライザーベイトって超ゆっくりと表層を巻けるシンキングペンシルだわ。これって確実にシーバスに効くと思う。今までも表層を巻けるシンキングペンシルはあったけどライザーベイトは表層の更に上の水面を引波を作りながら使えるということでかなり画期的なルアーかもしれない。

普通のシンキングペンシルだとかなり遠投した場合はどれだけロッドを立てて巻いてもそれなりに沈んでしまい、引波を作りづらかったし、動きもそれほど動かなかったわけだがライザーベイトはどんなに遠くに投げても浮き上がりやすいから引波を作りながら引くことが出来る。

シーバスって引波が無いと釣れない時あるからこれはヒットパターンになる可能性がある。

この後もしばらく同じパターンでやってみて何回かアタリはあったが乗らず…。

シーバスのボイルが始まったので狙ってみたのだが残念ながら反応なし。

このルアーは他のルアーと全然違うルアーでまだまだ使い方はたくさんあるような気がするので次回は朝マズメの青物とかを狙ってみようと思う。ハマるとすごいことになりそうな予感が…。

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.