元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ タチウオ 釣行記

タチウオフィーバー到来の南芦屋浜で夕マズメ狙い!

投稿日:

どうも!ブレードランナー2049を観てきた釣活くんです。SF映画は大好物なのでブレードランナーも最高に楽しめました(*^^*)

今日も南芦屋浜へタチウオ釣りに行ってみたのでそのレポートです。

車では尾崎裕哉のGLORY DAYSをエンドレスリピート。めっちゃハマってる。


スポンサーリンク

夕マズメ前からスタンバイ

今回は晴れて人も多そうなので3時40分ぐらいからスタンバっとこうと南芦屋浜のベランダへ。

ついて驚いたのが完全にぎっしりモードということ・・・。
ぎっしりの芦屋浜
平日の昼3時40分やで?どんだけみんな釣り好きやねん!

こんだけ人がおったらどうしようもないわってことで秘密の石畳へ移動。石畳のポイントは普通に釣れるけど人は割と少ない。

想像通り人はかなり少なくて前回行ったときよりも少ないぐらい。

釣りを開始する。今回はまだ日の高い時間帯からやるってことでジグサビキを使う。最近そこそこでかいアジとか鯖とかが釣れているらしいのでそういうのも狙うわけだ。

日が高いうちは暑い・・・朝はすげえ寒いのに昼は暑い・・・嫌な気候やわ。

暑いし全然アタリ無い

ただサゴシが時々何かを追ってジャンプしているのでチャンスは感じる。ベイトタックルを準備して鉄板バイブとかを巻きまくるけど釣れないので諦めて猫と遊ぶ。
ネコ
サクラ猫と言って去勢済みの猫。南芦屋浜にはいっぱいいる。
芦屋浜の猫
猫は癒されるなぁ・・・そう言えば釣活オリジナル猫のスタンプ販売中ですのでよろしくね!(コマーシャルwww)

で、そうこうしているうちに段々と暗くなってきたのでジグサビキ頑張るとアタリ。小さめだけど小気味の良い引きで上がってきたのは15センチぐらいのアジ。
アジ
たくさん釣れたらこれおみやげでもいいなと思いながらやるがその後は1匹バラして根がかって死亡。この辺根掛かり多いから一軍メタルジグ使わんかったら良かったわ・・・。

ってことでタチウオが周りで上がり始めたので慌ててベイトタックルで色々投げる。

かなり水面がざわつきはじめてサゴシも飛んでるし、あちこちでボイルしている。

驚いたのは外側だけでなくビーチの方でもタチウオがはねているということ。ビーチやで?水深50センチぐらいのところでタチウオがボイルってすごいところまで入ってくるもんなんやな。

ってビーチを見てたら重くなった。最近のタチウオのあたりこれが多くてなんかの障害物に引っかかった感じのほぼ根掛かりみたいなあたり。すかさず思い切り合わせるけどやっぱり根掛かりかくそ重いゴミひっかけたような感じ。全く動かない。

ただ、その動かないのは最初だけでいつも通りのタチウオの引きに変わったので寄せてきてゲット。思ったより大きめで指3.5本サイズ。お刺身で頂きます。レンジバイブのレッドヘッドでした。
タチウオイメージ
ここからしばらくアタリがなくなったのだがかなり暗くなってきた段階で足元でボイルが始まる。こうなってくると強いのがワーム。

軽めのジグヘッドを使ったワームだとゆっくりと足元を引けるので一番効率よく足元の魚を狙える。

予想通りゆっくり巻きでまた根掛かりバイト!思い切り合わせて少しさっきより小さいタチウオをゲット。

まだ足元のボイルが続いているがゆっくり巻きに反応がないのでふんわりワインドでやわらかくダートさせるとゴン!とわかりやすいアタリが来たので合わせて軽い引きを味わい上げてきたら凄く細長いヒョロヒョロのタチウオ。

この後はアタリが小さくなっていき乗らなくなり、続けているともうアタリすら消えてしまったので時合終了と判断して納竿。
タチウオ三匹イメージ

(おまけ)駐車場の奇跡

駐車場で財布を見ると万券しか無いというやばいやつやん・・・一万円使えるかな?と思いながら駐車券を差し込むと400円とポケットの小銭でちょうどギリギリ足りる額!奇跡としか言いようのない出来事だった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ショアジギ, タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.